FANDOM


Gyuudon.jpg

すき家は、牛丼チェーン店を運営する企業。本社は東京都港区港南2丁目18番1号。

概要

株式会社ゼンショーホールディングス子会社の株式会社すき家本部が運営。店舗の運営は全店舗直営で行っている。店舗数の順位は、2006年6月に松屋を抜き2位に浮上し、2008年9月に老舗の吉野家を追い越し、店舗数で業界最大手となった[1]。また、2009年度における日本国内売上高で、吉野家を抜いた[2]

『キン肉マン』との関係

キン肉マン』作中に登場する牛丼のモデルは吉野家と勘違いされることが多いが、実際はすき家と同グループのなか卯である[3][4][5][6][7]

2008年晩夏には、モデルとなったなか卯とともに「キン肉マン祭り」と称したコラボレーションキャンペーンが行われた[8]。連載開始29周年にあたって、事前に集英社から吉野家に「今こそ恩返しするチャンスです」と連絡がなされたが、「私どもはやる気はありません」と拒否され、なか卯をかかえるゼンショーグループが名乗りを上げたという[9]

吉野家のライバルであるすき屋とのコラボレーションについて、「ゆでたまごが吉野家を裏切った」と批判的に受け取ったファンも少なからずいたといい、ゆでたまごが吉野家との確執をTwitterで明かしたのはそのような経緯もあったという[9]。一方で吉野家は、ゆでたまごが語ったこれらの経緯について「事実と違うと考えています」というコメントを発表している[10]

2014年には、FC東京とともに『キン肉マン』とコラボして、8月18日から9月13日の間、オリジナルコラボどんぶり鉢抽選キャンペーンが行われた[11][12][13]。なお、すき家はFC東京のクラブスポンサーの1つであるため、毎年コラボを行っている。

脚注

  1. 牛丼御三家の店舗数推移をグラフ化してみる(2011年12月版) - Garbagenews.com 2012年1月8日
  2. 外食・中食、首位交代相次ぐ すき家の売上高、吉野家を抜く NIKKEI NET 2009年12月4日
  3. キン肉マン祭り 特別対談(ゼンショー)
  4. キン肉マンが吉野家を裏切った? すき家&なか卯コラボの真相は。 narinari.com 2008年8月28日
  5. セゾングループで会社更生を開始した吉野家側から東映の担当プロデューサーに連絡があり、アニメ化にあたって牛丼が吉野家のものになったという。その影響により、吉野家にファンの子供を含め客がやってくるようになり、当時会社更生法を受け、苦しい経営状態だった吉野家の復活に貢献したと述べている。嶋田によれば吉野家は同アニメのスポンサーにはなっておらず、「タダで宣伝再建したようなもの」と評した。
  6. 日刊スポーツ 2008年8月24日紙面「日曜日のヒーロー/第633回 ゆでたまご・嶋田隆司/キン肉マン 29周年」より
  7. キン肉マンに登場した牛丼屋を探してみた(1)(2) Business Media 誠 2008年9月1日
  8. すき家×なか卯 キン肉マン祭り(ゼンショー)
  9. 9.0 9.1 牛丼戦争に予期せぬ風が――、キン肉マン著者が牛丼事情明かす(Entame Watch) - livedoor ニュース(2010年4月13日). 2010年12月15日閲覧。
  10. 絶縁状つきつけたキン肉マン作者が吉野家と「確執」激白 ZAKZAK(夕刊フジ) (産業経済新聞社). (2010年4月14日) 2010年4月14日閲覧。
  11. すき家×キン肉マン×FC東京 オリジナルコラボどんぶり鉢が1,000名様に当たる!!
  12. すき家×キン肉マン×FC東京 9/13(土)神戸戦『すき家 Day』開催のお知らせ
  13. キン肉マン&テディベアコラボ試合告知ポスター登場!

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki