FANDOM


たたかえ! ジャンクマン』は、『キン肉マンII世』作中の漫画作品。

概要 編集

『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』に登場する漫画の古雑誌「少年ジャンク」(「少年ジャンプ」のパロディ)に連載。「少年ジャンク」の表紙に載っている。

「表紙に描かれている連載作品」と「当時のジャンプ(集英社)の姿勢」から、新連載か人気作(話題作)ということが伺える。

キン肉万太郎はトイレで紙がなくミートは「少年ジャンク」を渡そうとしたが万太郎は古文書の重要となる伝説の男についてのページを破いてしまう[1]

元ネタは、キン肉万太郎が行った時代「少年ジャンプ」で連載されていた『闘将!!拉麺男』。

なお、『キン肉マンII世』(『キン肉マン』)作中に実在するジャンクマンを主人公とした漫画作品と思われるが、何故、悪魔六騎士のジャンクマンを主人公としているのかは不明。ただし、雑誌名から、雑誌社自体がジャンクマンと何らかのつながりのある者が管理している可能性もある。また、『キン肉マン』のラーメンマンと『闘将!!拉麺男』の美来斗利偉・拉麺男の関係同様、ジャンクマンとは同デザインながら経歴や性格が異なっている可能性もある。

脚注 編集

  1. ゆでたまご「まだ見ぬパートナーは何処に!?」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 03』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2006年4月24日、ISBN 978-4-08-857457-8、39頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki