FANDOM


ゆでたまごは、日本の漫画家。嶋田隆司(しまだ たかし、本名同じ)と中井義則(なかい よしのり、本名同じ)の合同ペンネーム。デビュー作『キン肉マン』は1980年代に大ヒットし代表作となる。他の代表作に『闘将!!拉麵男』『ゆうれい小僧がやってきた!』など[1]。2010年、『キン肉マン』の続編『キン肉マンII世』を「週刊プレイボーイ」誌上で連載。

デビューした「週刊少年ジャンプ」(集英社)で約14年執筆し、その後他誌に活動の場を広げる。矛盾を気にしない展開と飛びぬけた発想を身上とし、プロレス・格闘技を題材としたギャグ漫画を得意としている。

メンバー 編集

ペンネームの由来 編集

どんなペンネームが良いかと考えている際に、嶋田が放屁したらゆで卵のような臭いがしたため、それでいいかと思い決まった、とする中井説と、その時に食べていたものがゆで卵だったので「ゆでたまご」になった、とする嶋田説がある。

2人とも記憶が曖昧でどちらが正しいのかは不明だが、嶋田はインタビュー[2]中に中井説の方を認めている。

なお「週刊少年ジャンプ」の目次には作者の「ひとこと」が掲載されるが、その際には「ゆで」か「たまご」でサインしていたのに対し、1982年(昭和57年)9号のグラビアページ企画「作者手相」では「ゆでたま」と「ご」となっていた。

作品 編集

連載 編集

  • キン肉マン
  • 闘将!!拉麵男(たたかえ!!ラーメンマン)
  • 腰痛タカちゃん
    • WJ(なかいよしのり名義、『キン肉マン』連載中、嶋田隆司が腰痛で3ヶ月休載していた時に短期連載された4コマ漫画。コミックス未収録。)
  • ゆうれい小僧がやってきた!
    • WJ 1987年34号(同年8月) - 1988年24号(同年5月)
  • SCRAP三太夫(スクラップさんだゆう)
    • WJ 1989年24号(同年5月) - 同年40号(同年8月)
  • 蹴撃手マモル(キックボクサーマモル)
    • WJ 1990年33号(同年7月) - 1991年13号(同年2月)
  • トータルファイターK(トータルファイターカオ)
    • デラックスボンボン(講談社)1993年8月号(同年7月) - 1995年1月号(1994年12月)
  • ライオンハート
    • 月刊少年ガンガン(エニックス、当時)1993年9月号(同年8月) - 1995年4月号(同年3月)
  • グルマンくん
    • 月刊少年エース(角川書店)1994年11月号(同年10月) - 1996年6月号(同年5月)
  • キン肉マンII世
    • 週刊プレイボーイ(集英社)1998年19・20合併号(同年4月) - 2010年現在連載中
  • キン肉マンII世〜オール超人大進撃〜
    • Vジャンプ(集英社)2001年7月号(同年5月) - 2007年5月号(同年3月)

読切 編集

『キン肉マン』作中での登場 編集

  • 種別: 地球人
  • 出身: Flag of Japan 日本・大阪
  • 初登場: 第1次怪獣退治編

『キン肉マン』の作者本人であるが、作中、キン肉マンが見ていたテレビ番組で「今日のマンガ家」としてインタビューをうけている。現実では嶋田隆司・中井義則の共同筆名であるが、作中では「ゆでたまご」個人名として扱われている。ミートは「世の中にこんなハンサムな人がいたのか」と表現した。このほか、扉絵等でもたびたび顔を出す。

編集

参考文献 編集

  • ゆでたまご「ゆでたまご作品年表」『集英社ジャンプリミックス ワイド版 闘将!! ゆでたまご』集英社2004年9月13日ISBN 4-08-106729-5、536-541頁。
  • ゆでたまご「ゆでたまご先生のすべて」『キン肉マン 闘将!! 拉麵男 超人大名鑑』集英社〈ジャンプ・コミックス デラックス〉、1985年7月15日ISBN 978-4-08-858125-5、288 - 291頁。
  • ゆでたまご「ゆでたまご先生のキン肉トーク」『キン肉マン超人大全』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1998年7月22日ISBN 978-4-8342-1677-6、36-45頁。
  • ゆでたまご「ゆでたまごロングインタビュー!! 僕らとキン肉マンの25年」『キン肉マンII世 29』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉2005年8月24日ISBN 978-4-08-857450-9、188-193頁。
  • Vジャンプ編集部「ゆでたまごインタビュー」『キン肉マンII世 新世代超人VS伝説超人 完璧 ファイティングマニュアル』集英社〈Vジャンプブックス〉、2002年12月6日ISBN 978-4-08-779207-2、206-209頁。
  • 「伝説超人インタビュー (3) ゆでたまご」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日ISBN 978-4-8465-2701-3、56-57頁。
  • 「キン肉マン29周年ヒストリー」『オトナファミ 2008 August』エンターブレイン、2008年7月25日、雑誌26457-7、66-67頁。
  • ゆでたまご(嶋田隆司、中井義則)『生たまご ゆでたまごのキン肉マン青春録』エンターブレイン、2009年7月1日、ISBN 978-4-7577-5005-0

関連項目 編集

  • 中野和雄
  • 必殺仕事人V - 第9話「主水、キン肉オトコに会う」において仕事人に憧れるゆで卵売りの役で出演。殺し技を考案し、プレゼン用に共演者の高石太(キン肉スグル風になっていた)がバッファローマン似の人物を投げて殺す(当の二人は敵にゆで卵をぶつける攻撃)紙芝居が描かれた。
  • 行列のできる法律相談所 - カンボジアに学校を建てる企画で、チャリティーオークションに『超人たちの虹の架け橋』と題した絵を出品。310万円で落札された。

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はゆでたまごにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki