FANDOM


Samoa Joe muscle buster in London Sep 2008.jpg

サモア・ジョーによるキン肉バスター(マッスルバスター)

Kinniku-buster.png

落下時のキン肉バスターの体勢

阿修羅バスター(アシュラ-)は、『キン肉マン』『キン肉マンII世』に登場する技。

概要 編集

別名「トリプルキン肉バスター[1]。キン肉バスターと同様の技だが、4本の腕で両足、2本の腕で両腕をがっちりと固め、足首折りとチキンウイングの効果を得ているためキン肉バスターより威力は上と、アシュラマンはコメントしている[2]

キン肉バスター同様に、首のフックが甘いという弱点があり「ネックエスケープ」で破られるが、ザ・ニンジャのからくり肩当でこの欠点は解消される。

キン肉マンはこの技を「キン肉バスターを元に作り出したコピー技」だと言っていたが、元々はアシュラマンが幼少時にサムソン・ティーチャーから教わった技であり、『キン肉マンII世』ではアシュラマンに似た過去の悪魔超人も同じ技を使用している。

着地点がマット以外の柔らかい砂場や雪上、ロープ上では威力は相当落ちる。

派生技 編集

改良阿修羅バスター(かいりょうアシュラ-)
阿修羅バスターの首のフックが甘いという弱点を克服した技。2本の腕で両足、2本の腕で両腕、残った2本の腕で相手の頭部を両サイドから挟み、インパクトの瞬間に相手の脳天がアシュラマンの兜の突起で砕かれる。
『キン肉マンII世』では、逆に首に意識が集中してしまうあまり、技の威力が落ちてしまう欠点が指摘されている[3]
ブラッドユニット阿修羅バスター(ブラッドユニットアシュラ-)
改良阿修羅バスターの首のフックの腕2本を残りの4本の腕で支える事により、脳天破壊のみを目的とした技。
アルティメット・阿修羅バスター(アルティメット・アシュラ-)
通常の阿修羅バスター同様、6本の腕で相手の両手足を固めた後、更に両足で首もフックする。阿修羅バスターと改良阿修羅バスターの欠点を克服した最強の阿修羅バスターで、絶大な威力を誇る。最初に使用したのは息子のシバに対してであり、彼を死に至らしめた事で再び悪魔超人に戻る切っ掛けとなった技である。
スカーフェイスの「アルティメット・スカー・バスター」よりも、より究極に近い美しさと破壊力があるということでこの名が付けられた[4]アルティメット・スカー・バスターも参照。

使用者 編集

脚注 編集

  1. ゆでたまご「さく裂!!阿修羅バスターの巻」『キン肉マン 第14巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1983年12月15日、ISBN 978-4-08-851144-3、151頁。
  2. ゆでたまご「超人必殺技シリーズ (15) 阿修羅バスター」『キン肉マン 第21巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1985年7月15日、ISBN 978-4-08-851801-5、144頁。
  3. ゆでたまご「一期生、最後の砦は万太郎…!?」『キン肉マンII世 5』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、1999年6月23日、ISBN 978-4-08-857370-0、185頁。
  4. ゆでたまご「"究極技"が"究極技"に散る!?」『キン肉マンII世 25』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、2004年3月24日、ISBN 978-4-08-857432-5、219頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki