FANDOM


アポロンマン は、『キン肉マン』に登場する超人。

主な特徴 編集

キン肉万太郎達と同期のヘラクレスファクトリー1期生。緑色の長髪が特徴。関東地区を防衛している。

元は『キン肉マン』の終盤で、ジ・アダムスらと共に発表された超人だったが、本作で新世代超人として採用された。得意技は「パワーボム」。

亜鎖亜童子 編集

ゆうれい小僧がやってきた!』では、主人公の亜鎖亜童子(アーサアどうじ)として登場。

主人公の恐山百太郎と恐山琴太郎が合体して誕生する戦闘妖怪(東京都出身)。完全無欠のパワーを持っており、悪行妖怪を倒す使命を持っている。髑髏の胸当てをしており、妖葬霊縛の杖(ようしょうれいばくのつえ)という武器を持っている。

関連のある恐山百太郎と恐山琴太郎のデータもここに記す。

恐山百太郎(おそれやま ももたろう)
琴太郎の双子の兄。琴太郎と同じく主人公の善行妖怪。身長140cm(後に148cm)、体重35kg。東京都出身。妖霊界に伝わる全ての呪文をマスターしている。
額にはカールした髪が下がっており、読み切り版では妖気を感じると逆立っていた。他に、カールした髪はブーメラン状の武器にもなる。合体妖怪の片割れであり、琴太郎と合体し亜鎖亜童子となることで無敵のパワーを手にできる。あまり語らぬ琴太郎とは対照的に、よく喋る。キムチが大好物で、三角形の物が苦手(おにぎりでさえ恐怖を感じる)。
三角形の物が苦手なのは、今から1500年前、いたずらで天馬に乗った幼い亜鎖亜童子がうっかり善行妖怪の象徴ともいうべき摩訶羅(まから)の塔の頂上部を壊してしまい、罰として師匠の百目仙人に三角形の檻に閉じ込められ、3年3ヶ月もの間塔の頂上でシンボルとして居続けたトラウマから来ている。そのため、三角形の物に触れると恐怖症からダメージを負ってしまい、動けなくなる。裏返ると強靭な皮膚を持つことができる。
恐山琴太郎(おそれやま きんたろう)
百太郎の双子の弟。百太郎と同じく主人公の善行妖怪。身長140cm(後に148cm)、体重35kg。東京都出身。彼もまた合体妖怪の片割れであり、百太郎と合体し亜鎖亜童子となることで無敵のパワーを手にすることができる。
片目が隠れる髪形をしている。読み切りの時はボロボロの服を着ていたが、連載版からはトレンチコートを着ている。舌が口のついた目玉のようになる。髪は妖気を感じると逆立つ。キバが生えている。
読み切り版では喋ることができなかったが、連載版からはそっくりの小さな人形・小琴(こきん)に腹話術のような形で代わりに喋らせる。最後には自分で喋るようになり、物語の解説役となった。自分で喋る様になってからは「〜だぎゃ」という口癖がある。
百太郎同様にキムチが大好きで、三角形が苦手。百太郎同様、裏返ることによって強靭な皮膚を持つことができる。射弓牙(しゃきゅうきば)という、歯を飛ばす技を持つ。

プロフィール 編集

  • 出身 - Flag of Greeceギリシャ
  • 身長体重 - 185cm 120cm
  • 超人強度 - 87万パワー

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki