FANDOM


カニベースは、『キン肉マン』の登場人物。

主な特徴 編集

カニ型の超人。手がハサミ状になっている。たったの2パワーという、判明している中で最低の超人強度を持つ。第20回超人オリンピックではテリーマンに「すごいメンバー」として名前が挙げられていたが、第1予選「じゃんけん」でチョキしか出せない弱点を利用されキン肉マンに敗退。その事がショックで気が狂ったらしく、その後はキン骨マンと共に他の超人達の邪魔を途中までしていた。

第21回超人オリンピックでは大手術の末、手をハサミ型からグローブ型に変え、予選開始前にキン肉マンにリベンジを挑むがチョキを出されあえなく敗北、「底抜けのアホ」と言われる(アニメではカット)。語尾に「ガニ」と付けていた。その後、第1予選の超人らしい体格の者を選別する「超人ふるい落とし」で落され失格となった。後にキン肉マン対ベンキマン戦の試合前のデモンストレーションで登場するが、あえなくベンキマンの「恐怖のベンキ流し」で流されてしまった。

『キン肉マンII世』では本国にて「史上最弱超人」のレッテルを貼られ罵声を浴びせられたことで万太郎に逆恨みし、手をアシュラマンのように6本(グー、ハサミ、グローブが2本ずつ)に改造して「あっちむいてホイ」に挑むが、万太郎の奇策により敗北する。

プロフィール 編集

  • 種別: 正義超人
  • 出身: イタリア
  • 身長体重: 208cm 50kg
  • 超人強度: 2パワー
  • 主な必殺技: ジャンケン
  • 年齢: 35歳
  • 初登場: 第20回超人オリンピック編

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。