FANDOM


ガモウ ひろし(1962年8月17日 - )は日本の漫画家。東京都生まれで埼玉県越谷市育ち、越谷市在住。

『とっても!ラッキーマン』 編集

とっても! ラッキーマン』は、ガモウひろしによる日本の少年向けヒーローギャグ漫画作品、およびそのアニメ作品。

1993年から1997年まで、集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』で連載されていた。全188話。連載前にも『Vジャンプ』(現在の『Vジャンプ』とは別物)での連載や読切作品として、何度か掲載されている。単行本は全16巻、リミックス版3冊、2009年に文庫本が全8冊、さらに読切作品版も収録した「ガモウひろし寄せ集め」が全3冊発売予定。

ジャンプアルティメットスターズ』で、『キン肉マン』のキャラクターと共演。『キン肉マン』のギャグ漫画時代をモチーフ・元ネタにしたとガモウひろし自身がインタビューで答えることもある。

ラッキーマン / 追手内洋一
『とっても!ラッキーマン』の主人公。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
もともとは普通の地球人で、日本一ついてない中学生。
ある日、元祖ラッキーマンが凶悪宇宙人を追跡中に地球に逃げ込まれ、たまたま死亡してしまった洋一と一心同体になり、以降劇中ではその人格はほぼ洋一のもの。
漫画『アルティメットスターズ』では冒頭にボーボボやキン肉マンなどにはねられ、宇宙のかなたに飛ばされてしまうが、そのまま夜神月の頭上に落下し、月は持っていたペンが頭に刺さり死んでしまう。
スーパースターマン / 目立たがる
『とっても!ラッキーマン』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
もともとは普通の地球人で、洋一の同級生であり日本一目立ちたがる中学生。その目立つことへの執念は読心マシンで心を読んだ世直しマンも「目立ちたい!」の気持ちしか読めず、あまりに強い思いのため思わず驚いてしまったほどである。
格好が付かないことが嫌いで、ラッキーマンや努力マンより目立つために、違法なヒーロー製作所に頼んで人体改造を受けスーパースターマンとなる。
努力マン / 杉田努力
声 - 千葉繁
『とっても!ラッキーマン』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
ガンバル星出身の宇宙人で、本名チリツモヤマナル。苦節200年の後ヒーローとなって、運だけのラッキーマンを非難し、地球で挑戦状を叩き付けたが敗れ、それから彼に弟子入りする。
地球では杉田努力という日本一努力している中学生となって、追手内洋一に弟子入りし、彼のボディーガード的な役割を任され、クラスメートにもなる。
猛トレーニングマン(もうトレーニングマン)
『とっても!ラッキーマン』のキャラクター。
第4小宇宙人。努力マンに勝るとも劣らないほどの猛トレーニングを行い、とてつもない強さを持つ。
バッファローマンをモデルとしたキャラクター。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki