FANDOM


キング・ザ・100tは、『キン肉マン』に登場する超人。

主な特徴 編集

分銅型の超人。マリポーサチームのメンバーの一人。100トンの特殊金属ボディを持ち、確認できる中では最も重い超重量級。ボディの分銅はいくつかのパーツに分けられており、状況に応じて自らの重量を調節して戦う。また、ボディは高い硬度のみならず、外部からのイメージ(絵が描かれたプラカードなど)により鉄球やバーベルに変形が可能な形状記憶合金製。笑い声は「ゴーホホホ」または「グオホホ」。勝利予告のようなパフォーマンス「血殺のVサイン」がある。

Pl ases0018 0009 01

その能力と重量でミートを圧倒し、テリーマンも苦しめるも、金属ボディの分子配列をバラバラにされ身体を砕かれた。しかし試合は最後の力を振り絞り引き分けに持ち込んだ。

ボディが形状記憶合金という設定は、当時の担当編集者茨木政彦のアイディア。この設定が使われた時は、自分の超人が採用されたように嬉しかったという[1]

プロフィール 編集

  • 種別: マリポーサチーム
  • 出身: アメリカ合衆国 デトロイト
  • 身長体重: 270cm 1t~100t(増減自在)
  • 超人強度: 1000万パワー
  • 年齢: 18歳
  • 主な必殺技: ジェット・ローラー・シーソー、変身殺法
  • 初登場: キン肉星王位争奪編

主な肩書き 編集

  • 飛翔チーム・副将

脚注 編集

  1. 株式会社ワールドフォトプレス 『フィギュア王』No.154 160頁。

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki