FANDOM


キン肉タツノリは、『キン肉マン』に登場する超人。

主な特徴 編集

キン肉族の偉大な戦士。キン肉真弓の父。額にKINマークがある。

戦争の時にとらわれの身になり、敵(『キン肉マンII世』では悪魔超人)にマスクをぬがされそうになるも、キン肉族代々に伝わる「肉のカーテン」を3日間くずさずにマスクを守りきり、ついには釈放される。

アニメ版では容姿が異なり、キン肉星に攻めて来た宇宙野武士からマスクを守る為、「キン肉ガード」を使ったという設定になっている。またその時に痩せこけたことでマスクがずり落ちて真弓に素顔を見られたが、金太郎飴を与えて目をつぶってもらう。

名前の由来は原辰徳から。

キン肉王家始祖 編集

キン肉マンII世』では「肉のカーテン」考案者のキン肉王家始祖と設定が改められて登場している。

「黄金のマスク編」で登場したキン肉族の先祖は、額に「祖」の文字があり、声優も異なるため別人と思われるが、顔が似ているなど共通点も多い(以下、「黄金のマスク編」で登場したキン肉族の先祖の設定)。

川で替えのボロボロのマスクを洗っている途中、間違ってマスクを落としてしまった。すると神様が現れ、「黄金のマスクとボロボロのマスク、お前が落としたのはどちらか」と聞いた。黄金のマスクを指差そうとしたが、欲の皮が突っ張りすぎて(アニメ版では神経痛で)、間違ってボロマスクを指差してしまった。神様は彼を正直者と認め、黄金のマスクと銀のマスクを授けた。これ以来キン肉族は超人界のリーダーになったという。

プロフィール 編集

得意技 編集

肉のカーテン
タツノリが考案したキン肉一族に伝わる防御法。詳しくは肉のカーテンを参照。

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki