FANDOM


Niku
キン肉マン > キン肉マン キン肉星王位争奪編 (テレビアニメ)

当記事ではゆでたまごによる漫画作品、『キン肉マン』(キンにくマン)を原作としたテレビアニメ作品の第2期について解説する。

概要 編集

1991年(平成3年)10月6日から1992年(平成4年)9月27日まで日本テレビ系列で毎週日曜日10:30 - 11:00(前半)、11:00 - 11:30(後半以降)にて全46話が放送された。

原作の「キン肉星王位争奪編」冒頭から始まる。1作に登場した五部刈刑事、キン骨オババが登場していなかったり、キン肉マンとミート以外の声優が一新されている。[1]また前作同様、場外キャラによるコントなど、ギャグ描写も追加されているが、物語が進むにつれギャグは少なくなり、原作に沿ったシリアスな物語が展開されていった。原作では顔見せ程度だった超人閻魔を邪悪の神を操る諸悪の根源にするなどアニメ独自の解釈も多い。

毎週前回のあらすじを中野さんが「お待たせシマウマ~」という挨拶から説明しサブタイトルの流れで本編が始まる。アイキャッチは超人のプロフィールを説明する形式をとっていた。

ほぼ原作同様に展開が進められるものの、準決勝のアシュラマンVSサタンクロスはカットされダイジェストのみとなった。最終回はフェニックスと決着をつけ、王位争奪サバイバルマッチで死亡した超人達がフェイス・フラッシュにより全員復活し、キン肉ハウスにて牛丼パーティを行い幕を閉じた。

原作との主な相違点 編集

  • デザイン・名称の違い
  • 一部のキャラクターの技の名前が変更
    • 阿修羅稲綱落とし→阿修羅稲妻落とし(アシュラマン)、脇固め→スーパー・アームロック(プリンス・カメハメ)
  • キン肉マンは一回戦から新コスチュームを着ている。
  • メンバー表のあぶり出しを行ったのはキン肉マンではなくテリーマンに変更。
  • マリポーサがロビンマスクとの対戦で一命を取り留め(原作では死亡)、対戦後キン肉マンと和解した。
  • 作中で行われた団体戦のメンバーの入れ替えはキン肉アタルの要望により「2人までならいい」というルールが採用された、但し回によっては相手から抗議を受ける場面も存在する。
  • テリーマンとキング・ザ・100トンの戦いの際、キン肉マンが使ったフェイス・フラッシュの効果が「巨大シーソーを曲げる」から「テリーマンの傷を治す」に変わった。しかし上記同様回によっては「巨大シーソーを曲げた」と言う場面があった。
  • キン肉アタルのナパーム・ストレッチが相手は胸にアルファベットの「A」ではなく「X」の字が刻まれていた。
  • 6人タッグマッチはフェニックスの方が提案する。
  • ネプチューンマンを復活させたのは完璧超人ではなく予言者に変更。
  • キン肉マンの王位継承に必要な真紅のマントは王子の血ではなく、運命の5王子に宿る邪悪の神々と超人閻魔がマントに吸収されて染めるように変更された。
    • そのためフェニックスがアタル戦の時、フェニックスに残虐の神が乗り移るシーンが追加されていた。
    • 原作では終盤邪悪の神4人が変身し、フェニックスの母親を襲う場面は知性の神と残虐の神が合体してドラゴンに変身するように変更された。
  • オメガマンがフェニックスを呼び捨てにしている。また、オメガマンを倒すタイミングがビビンバの顔面の傷を治してからになった。
  • フェニックスは超人閻魔と合体し、体が巨大化し、また紫色の肉体となる。そのため、知性の神がマントに吸収された後も完全にマントが赤く染まらず、フェニックスの敗北により超人閻魔がマントに吸収されている。
  • ビビンバが登場するも、関係が幼馴染となっており、キン肉マンは二階堂マリを恋人に選んだため、牛丼パーティーではフェニックスマンとビビンバがカップルになった。
  • 最終回においてキン肉マンのフェイス・フラッシュでサバイバルマッチの出場超人(オメガマン以外)が復活した。(原作ではフェニックス、アタルチームとキン肉マンチームの超人だけが復活)

キン肉マン(第1期)との相違点 編集

  • 一部のキャラクターの技の名前が変更

キン肉ガード→肉のカーテン(キン肉マン・ソルジャー)、アパッチのおたけび→野生のおたけび(ジェロニモ)など

  • テリーマン、ブロッケンJr.、バッファローマンのデザインが変わっている。
  • 完璧超人の読み方
    • かんぺきちょうじん→パーフェクトちょうじん

スタッフ 編集

サブタイトル 編集

話数サブタイトル脚本コンテ演出作画監督美術
1キン肉星王位戴冠式の異変!! の巻 山崎晴哉白土武森利夫吉田智子
2城取り合戦! 邪悪な神の陰謀!! の巻吉沢孝男大町繁玉川明洋宮前光春
3ゴングは鳴った! 決戦5対2の巻梅澤淳稔森利夫吉田智子
4恐るべし! 超人ホークマンの巻小林哲也本多哲谷口淳一
5危うし! 火事場のクソ力の巻伊東恒久金子伸吾大武正枝吉田智子
6奇跡! 超人墓場からの脱出の巻山崎晴哉遠藤克己大町繁玉川明洋宮前光春
7ミート大奮戦! つかめ勝利をの巻藤みねお椛島義夫大空広
8間に合うか? 友情パワー全開の巻伊東恒久梅澤淳稔森利夫吉田智子
9夢よ届け! マッスル友情同盟の巻山崎晴哉白土武金子伸吾須田勝渡辺将也
10神秘な光!? 燃えるテキサス魂の巻伊東恒久山内重保大町繁玉川明洋宮前光春
11必殺! マッスルリベンジャーの巻山崎晴哉藤みねお大武正枝吉田智子
12たてロビン! 過去からの叫びの巻今沢哲男梅澤淳稔森利夫内川文広
13真紅に染まる純白のマントの巻白土武金子伸吾椛島義夫吉田智子
14意外な敵!? 超人血盟軍登場の巻伊東恒久西牧秀夫大武正枝内川文広
15友を救え! ウォーズマン復活の巻山崎晴哉明比正行大町繁玉川明洋宮前光春
16嗚呼! リングに飛び散る血の嵐の巻吉沢孝男金子伸吾梶山聡常盤庄司
17生か死か!? 二つの友情パワーの巻伊東恒久梅澤淳稔森利夫内川文広
18敵か味方か!? 2人のバイクマンの巻山崎晴哉白土武伊東政雄大戸幸子吉田智子
19命再び! 生きろラーメンマン!! の巻伊東恒久明比正行金子伸吾梶山聡内川文広
20恐るべき予言!? 1992年3月…の巻山崎晴哉吉沢孝男大町繁玉川明洋宮前光春
21予言的中! 死の熱闘ロードの巻伊東恒久今沢哲男梅澤淳稔篠田章常盤庄司
22悪魔天使!? 二重人格ゼブラの巻山崎晴哉細田雅弘八島善孝内川文広
23大爆発!! 火事場の友情パワーの巻伊東恒久白土武伊東政雄大戸幸子吉田智子
24骨まで溶けろ! カピラリア光線の巻山崎晴哉明比正行金子伸吾梶山聡伊藤岩光
25さらば! 燃え尽きたブロッケンの巻伊東恒久竹之内和久大町繁玉川明洋宮前光春
26見たか!? これが真・友情パワーだ!! の巻山崎晴哉梅澤淳稔森利夫常盤庄司
27命より大切なもの! それが友情だ!! の巻伊東恒久細田雅弘八島善孝内川文広
28燃える予言書! 消えるソルジャー!! の巻山崎晴哉白土武伊東政雄大戸幸子吉田智子
29弟よ! これがマッスル・スパークだ!! の巻伊東恒久吉沢孝男金子伸吾梶山聡内川文広
30死の特訓!急げ大阪城決戦!! の巻山崎晴哉白土武大町繁玉川明洋宮前光春
31超人魂! ネバー・ギブアップ!! の巻伊東恒久梅澤淳稔森利夫常盤庄司
32知恵と勇気! 魔法陣デスマッチの巻山崎晴哉細田雅弘大町繁滝川和男宮前光春
33出るか!? 完璧マッスルスパークの巻伊東恒久芝田浩樹細田雅弘篠田章襟立智子
34血の伝説! 死を呼ぶ二つの陰謀の巻山崎晴哉竹之内和久渡辺正彦黄嶋涼常盤庄司
35中国四千年! ピラミッドパワーの巻伊東恒久白土武伊東政雄大戸幸子井出智子
36超人ハンター! オメガマン現わるの巻山崎晴哉明比正行大町繁菊池城二宮前光春
37探せ! 偽王子の証拠!! の巻伊東恒久芝田浩樹森利夫川崎美千代
38味方か!? サムライ見参の巻山崎晴哉細田雅弘菊池城二常盤庄司
39さらば! 貴公子ロビンの巻伊東恒久梅澤淳稔羽山淳一井出智子
40見たか! 地獄変身超人の巻山崎晴哉白土武伊東政雄大戸幸子内川文広
41恩師カメハメとの対決の巻伊東恒久竹之内和久渡辺正彦森利夫川崎美千代
42ビビンバ、愛の告白!? の巻山崎晴哉吉沢孝男大町繁寺嶋みどり宮前光春
43愛と死のメッセージ! の巻伊東恒久芝田浩樹菊池城二常盤庄司
44最終戦! 邪悪か正義かの巻山崎晴哉細田雅弘八島善孝井出智子
45ネバー・ギブアップ!! の巻伊東恒久白土武伊東政雄大戸幸子常盤庄司
46キン肉マンよ永遠に!! の巻山崎晴哉梅澤淳稔森利夫川崎美千代

タイトルコールは第 1期と同じくミート役の松島みのりが務めていたが、第27話からミートが登場しない回が多くなり、キン肉マン役の神谷明と交代した。

主題歌 編集

オープニングテーマ
  • 『ズダダン!キン肉マン』(歌:鈴木けんじ/作詞:森雪之丞/作曲:岸正之/編曲:山本健司)
エンディングテーマ
  • 『月火水木・キン肉マン』(歌:ケント・デリカット、松田多香子、森の木児童合唱団/作詞、作曲:つのごうじ/編曲:山本健司)
挿入歌
  • 『正々堂々~ファイティングテーマ~』(14話)(歌:平石豊茂美/作詞:そのべかずのり/作曲:前田克樹/編曲:吉田明彦)

補足 編集

  • アニメではテレビでの見栄えを良くするための配慮として原作とカラーリングが大幅に異なる超人が多数存在するが、これらの超人は近年のフィギュアやコンピュータゲーム等では、アニメ版と原作版の2種類のカラーリングが割り当てられていることもある。

脚注 編集

  1. 佐藤正治と田中亮一は第一作から引き続き出演しているが、いずれも以前とは異なる役柄での出演であり、以前二人が演じていたキャラは登場しないか、別の声優が声を当てている

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki