FANDOM


キン肉マン マッスルジェネレーションズ』は、バンダイより2006年6月23日に発売されたプレイステーション・ポータブル用ゲームソフト。

概要 編集

キン肉マン ジェネレーションズシリーズ」第3作。2004年4月22日に発売されたプレイステーション2用ゲームソフト『キン肉マン ジェネレーションズ』にキャラクター等を追加した移植版である。

通信対戦が可能になり、一部モードを削除・名称の変更。

神谷明をキン肉マンの声に再起用し、前回要望の多かった以下のキャラクターを追加。一部のタッグチーム名に究極の超人タッグ編のチーム名を採用。

ゲーム内容 編集

ビクトリーモード
使用超人に因縁の深い超人7人と戦うモード。
夢の超人タッグトーナメント
原作『夢の超人タッグ編』を再現したモード。原作に登場した10チームから好きなチームを選んでプレイする(うち2チームは乱入組で、初戦で戦うチームを選択し、わざと負ければプレイヤーキャラとして使用できる)
 ザ・マシンガンズ、ヘル・ミッショネルズは、途中でパートナーキャラが変わる場合がある(初代グレート→2代目グレート等)
CPU同士の戦いは観戦するかスキップするか選択でき、スキップを使えば原作通りの結果となるが、観戦をすれば(観戦を選んだ後にスキップを選んでも可)原作で負けたチームが勝つ事もある。

登場超人 編集

全部で51名。ただし、コスチューム違いや色違いキャラクターを含む。

新世代超人
伝説超人
 

予約特典 編集

「超人オリンピックチャンピオンベルト型キーチェーン」
浪曼堂のフィギュアシリーズに装着可能。

脚注 編集

  1. 通常コスチュームと新コスチュームが登場。
  2. 正体は伝説超人のウォーズマンだが、登場作品がII世のため新世代超人に分類。
  3. サブミッション・アーティスト(正義)とロードオブ・ダークネス(悪)が登場。
  4. 通常コスチュームとキン肉族の戦闘コスチュームが登場。
  5. テリーマンと2代目キン肉マングレートが登場。
  6. ロビンマスクとバラクーダが登場。
  7. ラーメンマンとモンゴルマンが登場。
  8. プリンス・カメハメとキン肉マングレートが登場。
  9. 悪魔将軍とゴールドマンが登場。
  10. サンシャインとニューサンシャインが登場。
  11. バッファローマンと支配されたバッファローマンが登場。
  12. ネプチューンマンとザ・喧嘩男が登場。
  13. ネプチューン・キングとビッグ・ザ・武道が登場。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki