FANDOM


キン骨マン(キンこつマン)は、『キン肉マン』およびその続編『キン肉マンII世』に登場する怪人。


概要 編集

地球征服のためドクロ星からやってきた宇宙人。骸骨をモチーフとした姿で、額にの文字がある。本名はシャレコウベ。笑い声は「ムヒョヒョ~」で、語尾には「~わいな」「~だわさ」が付く(アニメではイワオもこの口調になることが多い)。

一度はキン肉マンらにやられ撤退したが、同じくキン肉マンにやられたイワオを舎弟として再登場。それ以降は「打倒キン肉マン」を掲げ、さまざまな悪知恵や、自ら開発したメカを駆使してキン肉マンらの邪魔をするようになった。後にキン肉マンには勝てないことを悟り改心し[1]、キン肉星王位争奪サバイバルマッチでは、キン肉マンの応援に駆けつける。

アニメではイワオや五分刈刑事と共にコメディリリーフの役割を担った。

『キン肉マン』におけるキン骨マン 編集

怪獣退治編 編集

キン肉マンに一度敗れたあと、以後も相方のイワオと共にたびたび登場し、キン肉マン打倒を目指すが、いずれも失敗に終わる。キン骨マンが行った悪事は以下のとおり。

  • キン肉マンに粗末に扱われたエビの天ぷらを怪獣にし闘わせる。
  • テリーマンの弱点を付くため、翔野ナツコを巨大化させて、東京を襲わせる。
  • キン肉マンに敗れた怪獣と結託。女性に扮してパーティーと偽り、キン肉マンを洋館に監禁。
  • ロボット怪獣ウコンに乗り込み、オクトバスドラゴンハリゴラスを引き連れ南方のルーツ島を占領[2]

第20回超人オリンピック編 編集

第20回超人オリンピックでは大会の混乱と、キン肉マンをリングに上がれないようにするために暗躍。また当初は第一予選でキン肉マンにジャンケンで負けたカニベースも結託していた。第二予選ウェイトリフティングでは透明化して超人達の集中力を乱し、怪獣の下敷きにする。最終予選では係員に扮してキン肉マンにウサギ型時限爆弾を渡し、結果を有耶無耶にする。そのために行われた最終選考のバトルロイヤルにて出場超人達を洗脳、全員にキン肉マンを襲わせ、予選敗退に追い込もうとするがテリーマンの手により失敗。

準決勝終了後はキン肉マンを超人用のライフルで狙撃しようとするが、直前に気付いたテリーマンの足を負傷させ、義足となる遠因を作る。その後、警察に指名手配され逮捕されるが脱走。ラーメンマンに捕まえられ、ロビンマスクとの試合から逃げ出そうとするキン肉マンにビンタして活を入れる。

アメリカ遠征編 編集

アメリカ遠征編では独自に超人を開発し、戦いに参加したりもしている。

その後のキン骨マン 編集

イワオとコンビで100万円クイズ優勝を最後に本編に殆ど登場しなくなる。

物語がシリアス展開に入る7人の悪魔超人編からは登場しなくなるが[3]、前述の通りキン肉星王位争奪編においてはキン肉マンの応援に駆けつけていた。

主要対戦成績 編集

  • タッグマッチ
    • ×ザ・マシンガンズ(キン肉マン / テリーマン、ジャンピング・ネック・ブリーカー)

アニメ『キン肉マン』におけるキン骨マン 編集

怪獣退治編では1話から登場、出てくる怪獣達のボスとなっており、地球防衛軍から「かなり強い怪獣」と言われていた。

原作ではアメリカ遠征編、地球防衛軍、ビビンバ登場(全て未アニメ化)の辺りでほぼ登場しなくなるが、アニメは常時コメディリリーフ(お笑い担当)として継続して登場している。

オリンピック・世界サーキットではお邪魔キャラとして度々キン肉マンを妨害するが、アマゾンでのロビンマスク戦後「五分刈りの旦那」と称される西隅田川署の刑事に逮捕され、超人オリンピック時に脱獄する。

五分刈りの旦那と舎弟怪獣「イワオ」とのトリオ漫才を毎回繰り広げる事になるが、メインストーリーに絡むことは殆どなかった。改心したのか悪魔超人シリーズ前後から正義超人を応援(試合の観戦は以前からしていたがキン肉マンの敗北を願っていた)、テリーマン魔雲天との試合中、誤って古傷のある左足を痛めた局面を見て、自らの罪を後悔するシーンがある。その試合で崖から落ち、岸部でダウンしているテリーマンを助ける。途中からキン骨マンの叔母である「キン骨オババ」なども参加している。

『王位争奪編』でも登場し、牢獄から脱獄するも、メインストーリーから逸脱しており、出番もかなり減っていた。

『キン肉マンII世』におけるキン骨マン 編集

『キン肉マンII世』においては、老人として登場。若き日にアレキサンドリア・ミートに依頼され、彼のコールドスリープを手伝っていた。

火事場のクソ力修練編では、キン肉万太郎ボーン・コールドとの戦いに駆けつけ、かつて虐待した息子・ボーンに自らの過ちを悔い、リングから落下したボーンを救う。

開発・使用した兵器 編集

モンスターガン
浴びた対象を巨大化する光線を発射する装置。後に光線銃型が作られ、イワオが使用している。
透明ガン
浴びた者を透明化させる銃。
コントロールガン
浴びた者を洗脳する銃、特製マイクの声により操る。
超人用ライフル
対超人用の狙撃ライフル。

得意技 編集

直下型バックドロップ(ちょっかがた-)
相手を自分と垂直に持ち上げた状態から行うバックドロップ。
名称は『JCS』版より。
キン骨ヘッドバット(キンこつ-)
ゲームオリジナル技。頭から突っ込んでゆくヘッドバッド。
キン骨DDT(キンこつ-)
ゲームオリジナル技。DDTをかける前に観客へのアピールを行う。

プロフィール 編集

  • 本名:シャレコウベ
  • 分類:怪人[1]、残虐超人[4]、極悪超人(初代アニメ版のみ)→悪行超人→正義超人
  • 出身地: ドクロ星[1]
  • 身長体重: 178cm 80kg[1]
  • 超人強度: 20万パワー[1]
  • 年齢: 25歳[5]、『II世』時70歳[6]
  • 家族: 妻 キン骨妻、息子 ボーン・コールド、叔母 キン骨オババ(初代アニメのみ)
  • 趣味: 怪獣製造、キン肉マンの邪魔[1]

異名 編集

  • 宇宙の面汚し[7]
  • 悲劇のイジケ虫[7]

主な肩書き 編集

  • 怪獣軍団リーダー

個人タイトル歴 編集

  • 100万円クイズ優勝[8]

声優 編集

テーマソング 編集

キン骨エレジー
歌:二又一成(キン骨マン)/作詞:寺田憲史/作曲・編曲:有澤孝紀

コンピュータゲーム 編集

キン肉マンII世 新世代超人VS伝説超人』など『キン肉マンII世』以後のゲームでは、タッグチームを組むキャラクターによっては特定のチーム名が付けられる。以下にそれを示す。

キン肉マンII世 超人聖戦史』では主人公の正悪を示す属性ゲージを変動させるイベントにおいて登場。その内容は彼の悪事に協力するかしないかというものである。黄金のマスク編のストーリーでは悪魔騎士に敗れた主人公を非難する原作におけるカナディアンマンの役割として登場する(カナディアンマンはゲーム中、登場しない)。

パチスロキン肉マン』では、バトルゲームの対戦相手としてキン骨マンが登場する、通常時にキン骨マンの乗ったUFOが墜落するなど、キン骨マンが何らかの形で登場するとマッスルタイム(ART)突入が確定するというプレミアムキャラとしての役割を持っている。

関連項目 編集

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 「全超人ファイル 011 キン骨マン」『キン肉マン超人大全集』集英社インターナショナル、2004年7月31日、ISBN 978-4-7976-1003-1、40頁。
  2. 未開の島を舞台にしているため、近年の単行本では割愛されている。
  3. 悪魔超人編では顔見せ程度で観客席に何度か姿を見せている。
  4. ゲーム『キン肉マン ジェネレーションズ
  5. ゆでたまご「超人名鑑 25 キン骨マン」『キン肉マン超人大全』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1998年7月22日、ISBN 978-4-8342-1677-6、76頁上部。
  6. ゆでたまご「万太郎、地球へ旅立つ!」『キン肉マンII世 1』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、1998年10月24日、ISBN 978-4-08-857366-3、172頁。
  7. 7.0 7.1 「キン骨エレジー(キン骨マンのテーマ)」CD『キン肉マン超人大全集』歌詞。
  8. ゆでたまご「100万円をねらえ!の巻」『キン肉マン 第7巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1981年9月15日、ISBN 978-4-08-851137-5、72頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki