FANDOM


クモ糸縛りは、『キン肉マン』に登場する技。

概要 編集

忍法クモ糸縛り」とも表記される。リング上のロープを相手に引っ掛けて、からまったロープで身動きを取れなくさせる技。

焦熱地獄で吐き出された火の玉によりロープは締め付けられ、最後にはロープの絞めつけにより相手はバラバラになってしまう。

ブロッケンJr.は、この技をザ・ニンジャの順逆自在の術を真似た技で返しているが、順逆自在の術は素早く技を返し同じ技を相手にかける技のため、クモ糸縛りから逃れる事のできた理由は不明となっている。

派生技 編集

忍法氷華葬い縛り
絶対零度の術で凍った海の氷を綱状にして相手を縛り上げる。絶対零度の術も参照。
ウォーターロープ クモ糸縛り
ゲームオリジナル技。ウォーターロープを相手に引っ掛けて、からまったロープで身動きを取れなくさせる技。ウォーターロープも参照。
焦熱砂地獄のピラミッド
高熱を帯びたサンシャインが地獄のピラミッドで上下逆のピラミッド状に変形し、ザ・ニンジャがクモ糸縛りで固定した相手をピラミッドの先端部分で突き刺す。焦熱砂地獄も参照。

関連技 編集

忍法鋼縄
ロープを鋼(鉄製の帯)に変え、ロープの強度を上げる補助技。

使用者 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki