FANDOM


クロス・ボンバーは、『キン肉マン』『キン肉マンII世』に登場する技。

概要 編集

ひとりの超人に対し前後から喧嘩ボンバーで挟むように打撃を加える技。マグネット・パワーで両者が引き合うことで高い威力を生み出す。ネプチューンマン曰く「完璧超人界の"至宝(トレジャー)"」[1]

本来はヘル・ミッショネルズなどの完璧超人がマグネット・パワーを使用したタッグ技だが、キン肉スグルは、ブルー・インパルス巌流島コンビとして使用。さらに『究極の超人タッグ編』では、テリーマンとともにマグネット・パワーを帯びた砂を使いザ・マシンガンズとして使用した。

派生技 編集

荒技フェイス・ボンバー
力をセーブしないとマスクだけでなく首ごと切断してしまう威力を誇る。
オプティカル・ファイバー・クロスボンバー
『キン肉マンII世』に登場。セイウチンやマンモスマンをパートナーとし、光ファイバーでパワーを瞬時に伝える。
日英クロス・ボンバー
ヘル・ミッショネルズが得意としていたクロス・ボンバーをキン肉マンとロビンマスクが再現した技。さらに『究極の超人タッグ編』では、未来を知るケビンマスクの気転でザ・ヤングマスターズが使用した。

使用タッグ 編集

脚注 編集

  1. ゆでたまご「禁断の掟破り!!」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 20』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2009年12月18日、ISBN 978-4-08-857499-8、36頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki