FANDOM


サタンクロスは、『キン肉マン』に登場する寄生虫。

主な特徴 編集

知性の神の所持する寄生虫。幼いアシュラマンを助けるため、激流に呑まれ両足を失った家庭教師サムソン・ティーチャーの体に寄生し、両足を再生させ合体超人サタンクロスとなった。

普段は賞金稼ぎとして生活していたが、知性の神への借りを返すべくフェニックスチームへと参加する。

当初はオーバーボディに身を包み、西洋の忍者超人として登場。ザ・ニンジャとの西洋東洋忍者対決を制した。そしてアシュラマンとの戦いの最中、その正体を現す。アシュラマンの必殺技である「阿修羅バスター」や「稲綱落とし」、「竜巻地獄」等の開発者である。

決勝戦ではキン肉マンと魔法陣リング装着デス・マッチで対戦。その戦いにより真の格闘者精神を取り戻し、また溺れたミートをかつてのアシュラマンと重ねて非情の鬼になり切れないと気付いて助けた彼はキン肉マンの「完璧マッスル・スパーク」によって寄生虫サタンクロスの頭だけを破壊される。そしてサタンクロスの支配から逃れる事ができ、完全に心優しいサムソン・ティーチャーへと戻った。

西洋忍者としての得意技は「ミラクル・シーツ」「エスケープ・ウォーター」「超人浮き袋」がある。

プロフィール 編集

  • 身長体重: 235cm 250kg
  • 超人強度: 4100万パワー[1]
  • 年齢: 37歳
  • 主な必殺技: 忍法人馬紙切り、昇技・トライアングルドリーマー、ブレイクダンス・シュート
  • 初登場: キン肉星王位争奪編

主な肩書き 編集

  • 知性チーム・先鋒(準決勝、決勝)
  • アシュラマンの師匠
  • 鬼のサタンクロス

声優 編集

脚注 編集

  1. 作中ではテリーマンに2000万パワーは優にあると言われ、その後にサタンクロス自身が「アシュラマンの2倍の2000万パワー」と語っている。市販のフィギュア『超人パワーシリーズ』の説明ではサムソン・ティーチャー単独で1500万パワー、寄生虫サタンクロスと合体すると7200万パワーともなっている。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki