FANDOM


サンダーは、『キン肉マンII世』に登場する超人。

主な特徴 編集

時間超人2号。ライトニング同様狡猾だが力押しで攻めるタイプ。殆どの攻撃を物ともしない頑強な肉体とそれに見合う怪力を併せ持つ。笑い声は「ヌワヌワヌワ」。普段はファスナーが付いたオーバーボディを着ており、その素顔は獅子のような顔で、ギリシャ神話の戦士のような衣装をしている。左の肩当ては巨大な爪「リオン・フィンガー」として使用する。左手を伝説破壊鐘の鐘の部分に変形出来るが、ジェロニモのアパッチの断末魔により破壊される。得意技は「カラミティー十字架(クロス)」「獅子の威信」。

ライトニング・サンダー共に「エヴォリューションマウスピース」を隠された口に装着する事によりコンマ一秒ほど先の未来に時間移動が出来る「アクセレイション」が使用可能。

得意技 編集

カラミティー十字架(-クロス)
2人の相手を十字に重なるように捕らえ、同時に後方に投げるスープレックス。
雷の槍(サンダースピア)
槍のように放つ鋭いドロップキック。
獅子の爪(リオン・フィンガー)
左肩の肩当てに装着された爪状の武器。
獅子のひと撫ぜ
獅子の爪を展開し、相手を突き刺したり切り裂く攻撃。
獅子の権威(リオン・オーソリティー)
相手の身体に両足を絡ませ逃げられないようにして、獅子の爪を食い込ませる拷問技。
リオン・クリニエール
獅子型マスクの鬣部分を丸ノコギリのように回転させ相手を切り刻む技。
サンダービート
ロープを身体に巻きつけ、その反動を利用して放つ回転体当たり。ライトニングの「ライトニングビート」と同様の技。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki