FANDOM


ジョーズマンは、『キン肉マン』に登場する超人。

主な特徴 編集

サメの超人。第3次予選の新幹線アタックでは新大阪という記録を出し、最終予選のローラースケート競技では正体不明の超人を殴っていた。

後にジャンプコミックスセレクション版の超人紹介ページに描かれたイラストでは、本編登場時に比べ、姿が変わっている。

iモード用ゲーム『キン肉マン☆超人コロシアム』においては、前者をジョーズマン、後者を真・残虐チームの一員シャークマンザ・ゴッド・シャークとの混同。『キン肉マンII世』の同名の超人との関連は不明)として、それぞれ別々の超人として登場させている。

また、出身地の表記もアトランティスと混合されている(アトランティスはオーストラリア出身である)。

キン肉マン消しゴムの中にはジョーズマンがロビンマスクアトランティスの必殺技・アトランティスドライバーをかけているものがある。

プロフィール 編集

  • 種別: 正義超人
  • 出身: Flag of Australia オーストラリア・ブリスベン港(オーストリア説あり)
  • 身長体重: 180cm 140kg
  • 超人強度: 40万パワー
  • 年齢: 23歳
  • 主な必殺技: ヘッド・J・カッター、アトランティスドライバー
  • 初登場: 第21回超人オリンピック ザ・ビッグファイト編

得意技 編集

アトランティスドライバー
本来はアトランティスの技。キン肉マン消しゴムではジョーズマンがロビンマスクにかけている。詳しくはアトランティスドライバーを参照。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki