FANDOM


Samoa Joe muscle buster in London Sep 2008

サモア・ジョーによるキン肉バスター(マッスルバスター)

Kinniku-buster

落下時のキン肉バスターの体勢

ダブル・キン肉バスターは、『キン肉スグル』に登場する技。

概要 編集

複数の技に「ダブル・キン肉バスター」という技名が付けられている。

ダブル・キン肉バスター(キン肉スグル使用)
「7人の悪魔超人編」対バッファローマン戦で使用。新キン肉バスターとキン肉バスターを連続して掛ける荒業で、バッファローマンを含めた7人の悪魔超人との戦いに終止符を打つフィニッシュ・ホールドとなった。詳しくは新キン肉バスターを参照。
ダブル・キン肉バスター(カオス・アヴェニール使用)
「W・キン肉バスター」とも表記。2人の対戦相手に同時にかける技。『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』において、ブタ肉マンに扮したカオスが、人間である一等マスクとロビンマウスに対して使用。当時のカオスは「体重の軽い人間がタイミングよく乗っかってくれるから可能な技」(つまり、技をかけるのには相手の協力が必要)と語っていた。キン肉バスターも参照。
ダブル・キン肉バスター(キン肉スグル&テリーマン使用)
ザ・マシンガンズの必殺技。「バスターバリエーションPART5」とも表記。「夢の超人タッグ編」宇宙超人タッグ・トーナメント決勝戦(対ヘル・ミッショネルズ戦)で使用。一人の相手を、2人がかりでキン肉バスターをかける。キン肉マンとテリーマンがビッグ・ザ・武道に対して使用し、その正体がネプチューン・キングであることを暴いた。キン肉バスターザ・マシンガンズも参照。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki