FANDOM


ザ・テリーマンガールは、『キン肉マンレディー』に登場する超人。

概要 編集

モデルは、『キン肉マン』のテリーマン

日本政府の契約によりキン肉マンレディーの代わりの日本代表としてやって来たが、キン肉マンレディーのムチムチなバニーガール姿に一目惚れし、契約を破棄。

以後、レディーと親友になる。キン肉マンレディーへは友情以上の感情も見せており、「キン肉マンはミーの嫁」と公言することも。

活発で豪快な性格であるが、キレると手が付けられなくなるほど暴走する。

第20回超人オリンピックでもラーメン娘がキン肉マンレディーを辱めたことで乱入し、過剰な「残虐返し」をしたことが原因で失格になる。

必殺技として本家同様の「スピニング・トゥーホールド」や「テキサスコンドルキック」を用いる。試合以外での戦闘では銃も使用している。

作中コミックの登場人物としてのテリーマンガール 編集

キン肉マンレディー』作中の一部のアメリカ超人は、コミック会社と契約して、コミックなどのメディア進出をしている。コミックの絵のタッチはマーベルコミックDCコミックのパロディ。

テリーマンガールもその契約をした一人で、拳銃を使うのもコミックのイメージを保つためである。

『デモリション・ウォー』で一度死亡し、エデンで蘇って以降は「テキサスハリケーン」と名乗り、新能力「サイキック・ブラスター」で山の巨神を倒している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki