FANDOM


ネプチューンマンは、『キン肉マン』およびその続編『キン肉マンII世』に登場する超人。

主な特徴 編集

イギリス出身の超人。怒りや憎しみ、友情といった感情を超越した精神と完璧なる強さを身に付けた、最も神に近い存在であるという完璧(パーフェクト)超人の首領として登場した。鋼のような筋肉は他の超人と比べても細かく描き込まれている。超人硬度10を誇る左腕ダイヤモンド・アーム[1]などの肉体的な強さに加え、地球のエネルギーを磁力として放射する「マグネット・パワー」も使用する。

顔には、額から頬にかけてを覆うマスクを身に着けており、このマスクは相手の攻撃で発生するパワーをマグネット・パワーとして取り込む能力を持つ。覆面(マスク)は真の実力者のみが着けることを許されるという信念を持っており、そうでない者が着けるマスクは軟弱な素顔を隠すためのアクセサリーに過ぎないと言い切る。部下のビッグ・ザ・武道とともに、そのような「下等超人」たちのマスクを次々に奪う「覆面狩り」を行っており、奪ったマスクをコレクションとしている。

外見のデザインは、読者応募超人である「イチバンマスク」と「ハルクマシーン」の合成であり、顔と下半身がイチバンマスク、胴体・腕がハルクマシーンのものである。イチバンマスクのイラストには「ハンセン(スタン・ハンセン)ホーガン(ハルク・ホーガン)ブロディ(ブルーザー・ブロディ)を合わせたような」とコメントが添えられており[2]、特に広い額と口髭はホーガンの特徴でもある。またハルクマシーンはホーガンの得意技・アックスボンバーの構えをとっており[2]、ネプチューンマンもアックスボンバーそのものの技「喧嘩(クォーラル)ボンバー」を得意とする。ネプチューンマンはほかにも、ホーガンの特徴的な決めポーズである、「イチバーン!」と叫び右手人差し指を高々と挙げる動作を行い、格闘シーンの描き方に関してもゆでたまごはホーガンを参考にしていると発言している[3]。原作ではマスクとチョッキの色は赤を基調としているが、アニメではマスクが銀色、チョッキは緑色に変更されている。またレッグウォーマーも白から黄色になっている。

ストーリー上で悪魔超人との闘いに一段落が付いた後、新シリーズ「夢の超人タッグ編」における新たな悪役として投入されたネプチューンマンら完璧超人であるが、登場した当初は「あまりに偉そうで、エリートぶっている」などとして読者から酷く嫌われた。従来の悪役であればある程度支持する声があったが、ネプチューンマンの場合はそのような声も少なく、それならば、と作者・ゆでたまごは開き直って徹底的に悪役を貫かせることにしたという[4]。その後、「夢の超人タッグ編」終盤に行われた第3回人気投票では10位に入っている[5]

『キン肉マン』でのネプチューンマン 編集

喧嘩男からネプチューンマンへ 編集

ネプチューンマンはかつては喧嘩男(ケンカマン)という名の無名の正義超人だった。その素顔やコスチュームなどの外見上は人間のレスラーと全く変わらないが、鍛え上げた肉体を駆使する戦法で全戦全勝の無類の強さを誇っていた。しかし、勝利のみを追求した野性的なスタイルは観衆に殺人マシンのような印象を持たれてしまい、支持されずに罵声か嘲笑の中に身を置く事が常であった(後のロビンマスクの証言で、本人は純粋に格闘家として試合に臨んでいたに過ぎず、実際は1度も対戦相手を殺してなかった事が判明)。第20回超人オリンピックではイギリス予選大会の決勝でロビンマスクと対戦するが、組み合った瞬間に自分の勝利を確信し、ロビンマスクの実力と、それをもてはやす超人レスリング界に失望し試合を放棄する[2]

失意の中にあった喧嘩男はテームズ川に身を投げ自殺を図ったが、死にきれぬまま水底へ沈んでいった。そこで数十万年もの間実力者を待ち続けていたというビッグ・ザ・武道と出会い、史上最強の覆面超人の象徴だというネプチューン・マスクを受け取り身に着ける。喧嘩男の姿はマスクを着けた途端に現在のコスチュームに変化し、喧嘩男はそれから完璧超人・ネプチューンマンとなり天上界で修行することになる[6]

夢の超人タッグ編 編集

多数の覆面超人が参加する宇宙超人タッグトーナメントでは、ビッグ・ザ・武道とのタッグチーム「ヘル・ミッショネルズ」を結成。フードをかぶり正体を隠して出場した。完璧超人の先発隊として1回戦第2試合にスクリュー・キッドケンダマンを送り込むが、凶器を使用・敵に背中を見せる・敗北するという3つの禁を犯したことを理由に、制裁として二人の命を奪う。笑い声は「クオックオックオックオッ」

続く第3試合では超人師弟コンビ(ロビンマスク、ウォーズマン)と戦う。正体が喧嘩男であると確信したロビンマスクはそれを追求するが、ネプチューンマンは知らぬ存ぜぬを通す。ロビンマスクが自分の両腕を傷つけることで攻撃を誘い、組み合うことで正体を暴きネプチューンマンの口から喧嘩男であると認めさせることに成功するが、正体暴きに夢中になって体力を失ったロビンマスクと、それを助けに入ったウォーズマンの両名を、ビッグ・ザ・武道との合体技「クロス・ボンバー」によってノックアウトする。二人のマスクは奪われ素顔を晒し、ウォーズマンは絶命した。

2回戦第1試合の、マッスル・ブラザーズ(キン肉マンキン肉マングレート)対はぐれ悪魔超人コンビ(アシュラマンサンシャイン)では、2000万パワーズ(モンゴルマンバッファローマン)と共にランバージャック・デスマッチの囲みに加わる。敗北したアシュラマンの三面を奪い、サンシャインを殺害した。第2試合は2000万パワーズと金網・有刺鉄線デスマッチで戦い、磁力を操る「マグネット・パワー」を披露する。友情を失った正義超人に流れる鉄の汗「アイアン・スエット」が有利に働き、2000万パワーズを圧倒した。モンゴルマンのマスクを奪い、助けに乱入したキン肉マンの左腕をも切断する。

決勝戦の3本勝負では、1本目でキン肉マングレートのマスクを10分で狩ることを予告し、これを達成する。しかし2本目、キン肉マンのマスク狩り予告を外した上、ビッグ・ザ・武道の正体が完璧超人の真の首領・ネプチューン・キングであったことが判明するとともに、他者を下等超人と呼んではばからないネプチューンマンの傲慢さは鳴りを潜め、試合中に動揺や焦り、悩みを多く見せるようになる。完璧超人の掟を恣意的に扱い凶器攻撃をも辞さないネプチューン・キングに対しネプチューンマンは二度目の失望を味わった。チームワークの乱れたヘル・ミッショネルズは頼みのマグネット・パワーも奪われ、マッスル・ドッキングによって敗北。この時点で1-1だったが、3本目はこれまでのダメージの蓄積のため10カウント・ノックアウト負けとなり、1-2で敗れる。

このときネプチューン・キングの弟子である1000人の完璧超人たちが地球に迫ってきており、ヘル・ミッショネルズの優勝と共に地球を制圧する予定であった[7]。ネプチューンマンはキン肉マンら正義超人の友情パワーに感服し、自ら敗北を知らせる「人狼煙」となるべく、爆薬を飲み込んで「この世に完璧なものは正義超人の友情である!」とキン肉マンたちに伝えながら爆死した。これにより完璧超人首領の敗北を知った完璧超人軍団は退散する。

アニメ版では不屈の闘志を持ったネプチューンマンをセメントス長老が真の正統派超人として育てるが、ネプチューン・キングに唆されたことによって脱走したことがわかる。

キン肉星王位争奪編 編集

ネプチューンマンの志の高さに共感した完璧超人のうち3人(グレートハリケーン、フィッシングマン、キャッチマン)が、自爆したネプチューンマンの肉体の破片を集め蘇生させた[8]。アニメ版では超人預言者により蘇生され、「私に代わって超人界の歴史と未来を見守れ」との命を受けていた[9]

キン肉星王位継承サバイバルマッチ決勝前のキン肉マンチームの特訓を陰から助け、決勝戦の対フェニックスチームでは、キン肉マンチームをキン肉アタルの灰を使い援護している。さらには残り人数が2対3となった最終局面では、正体を隠しザ・サムライとして劣勢となったキン肉マンチームに参加する。

3対3の6人タッグでロビンマスクとマンモスマンが脱落した後は、正体を明かしキン肉マンと共に「巌流島コンビ」として戦った。全身にジ・オメガマンの高圧電流を浴びながらも、世界中の超人に向け「次世代の超人のために、自分たちが捨て石になってでもフェニックスたち凶悪超人を倒そう」と訴える「ネプチューン・メッセージ」を発する。超人たちはこれに感動し、決勝の地に集結する。最期はジ・オメガマンのΩカタストロフ・ドロップからキン肉マンを救い身代わりとなり、超人預言書を燃やされ消滅した。「真の王位継承者はキン肉マン」を支持していた。消滅後はキン肉アタル、ロビンマスク、ジェロニモと共に邪悪大神殿に侵入し封印されたキン肉マンの火事場のクソ力を復活させる。

キン肉マン』最終回で、キン肉アタルやロビンマスクなど同様に消滅させられた超人たちと共に、キン肉マンのフェイス・フラッシュで復活を遂げる。

主要対戦成績 編集

  • シングルマッチ
    • 喧嘩男としてのシングルマッチ対戦記録は541戦541勝541KO。
    • ×ロビンマスク(試合放棄)
  • タッグマッチ(ヘル・ミッショネルズ)
  • タッグマッチ(キン肉マンチーム - キン肉マン / ロビンマスク / ザ・サムライ→ネプチューンマン)
  • 団体戦
    • ○知性チーム(2勝1敗1引き分け)

『キン肉マンII世』でのネプチューンマン 編集

キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』にて再登場。本編以外では連載250回記念の第1回超人コスチューム大賞に登場[10]

『キン肉マン』「夢の超人タッグ編」ラストでの爆死からの復活について設定に変更・追加がされている。復活に携わる完璧超人に2人(ザ・ターボマン、アモイマン)が加わり、5人が全ての超人パワーを使って完璧超人に伝わる「超人再生術」を20週と8日間をかけて施した[11]

キン肉マンの王位継承と結婚を見届けた後、ネプチューンマンはロビンマスクと共にイギリスへ帰国。ロビンマスクは間も無く女王直属の部下となったが、ネプチューンマンは長年の戦いの疲れを癒す為にネプチューンマスクを外し、正義超人・喧嘩男として田舎で隠居生活を始める。穏やかな生活を送りながらも、新たな悪行超人の出現と闘いに備えて日々鍛錬を続けていた。54歳となった「究極の超人タッグ編」時でも全盛期と変わらぬ姿と強さを保っており、その経験から過去以上の実力を発揮。しかし、後述するように妻子を持たずに一人鍛錬に明け暮れる年月の中、より完璧な強さを求めるようになっていたネプチューンマンの心に完璧超人界を再興したい気持ちが芽生えた。

時間超人ライトニングとサンダーによる歴史改変を防ぐため新世代超人たちが過去に向かう際、ネプチューンマンも密航という形で時間船に乗り込んでいた。当初は打倒時間超人のために万太郎ら新世代超人を援護するのが目的であったが、タイムスリップする先が、己の最も光り輝いていた宇宙超人タッグ時代であると知ってからは、タッグの優勝と完璧超人再興を目指し、「トロフィー球根」を手にれてより完全無欠の超人に進化する野望を抱く。セイウチンと「イチバンタッグ」を結成して彼を洗脳。セイウチンの眠っていた獣性を引き出すことで完璧超人にする。その直後、セイウチンを心配して後を追いかけてきたチェック・メイトを倒す。翌日「究極の超人タッグ」に参加、タッグ名も「ヘル・イクスパンションズ」と改名。

合体技「オプティカルファイバー・クロス・ボンバー」でマスクだけでなく、顔の皮を剥がしコレクション。以前に比べ殊更に残虐さをアピールするようになった。更には以前では見られなかった手段を選ばない行動もとる。試合外では年齢もあり、かつての若さや青臭さによる感情性がなくなり、セイウチンを暴力で一喝するなど豪快な姿も見せる。

予選の間引きバトルロイヤル戦では万太郎達マッスルブラザーズ・ヌーボーを庇った火の玉・火爺隊(バリアフリーマンイリューヒン)を倒し、1回戦ではスーパー・トリニティーズ(ジェイドスカーフェイス)を破る。

2回戦ではヘルズ・ベアーズ(ウォーズマン、マイケル)と対戦。戦いの中、マイケルの正体は後の時代に登場するマンモスマンであることが判明し、さらにはパートナーであるセイウチンが試合の途中で元の正義超人に戻り、ウォーズマンに倒される。その直後、マンモスマンが反逆を起こしネプチューンマン側に寝返り「新星(ノヴァ)・ヘル・イクスパンションズ」を結成する。そしてマンモスマンとのツープラトン技でウォーズマンを倒し勝利を収める。

2回戦終了後は、突如現れた大魔王サタンの「黒後家蜘蛛の呪い」のエネルギー注入に世界五大厄(ライトニング、サンダー)、マンモスマンと共に参加しキン肉マンを呪いにかける。準決勝前夜、訓練を偵察していたミートから「宇宙超人大全」を奪い取り、その内容をマンモスマンに吸収させた。しかし準決勝第1試合では、キン肉マンとテリーマン、万太郎とカオスを、それぞれ要所要所で叱咤激励したり心配するような表情を見せるなど、微妙な心境を垣間見せていた。

準決勝では組み合わせ変更により世界五大厄との対戦が決定、ソードデスマッチで戦う。試合の最中、時間超人の猛攻を受けるマンモスマンを、完璧超人の信念に背き2度に渡って救う行動に出る。更に完璧超人としての矜持は「優勝の近道として、あえて残虐ファイトを行っているのであって、人間に危害を加えることを目的にしている悪行超人とは違う」という本心を述べた。しかし、根底に正義超人としての想いがあったその行動が仇となり、失望したマンモスマンは、わざとクロス・ボンバーを失敗させ試合放棄、「アブソリュート・フェニックス(絶対的な知性)」を提唱するフード姿の謎の人物と共に去っていった。左腕を破壊され、孤立無援となったネプチューンマンは、目的達成のために利用していた元パートナーのセイウチンを初め今まで顔の皮を剥いだ新世代超人達に謝罪。タッグ戦開催時からもずっと無意識に持続していた正義超人としての自覚を取り戻す。時間超人の死時計の刻印を受けて心肺停止後、見せしめとして火山に放り込まれそうになるが、カオスの活躍により辛うじて蘇生。ウォーズマンのデバイスでボロボロになっていた心臓が再生回復した。20世紀ネプチューンマンの復活が近いので、対消滅を避けるためにカオスのエキゾチック物質により現代に帰ることになり、「この世に完璧なものは正義超人の友情である!」とかつて当時のキン肉マン達に言った台詞を再び涙ながらに伝えて、新世代正義超人の指導という新たな目標を持って21世紀に帰って行った。

前述通り準決勝第一試合中では彼の再三に渉る心の葛藤が描かれ、妻子のいない自分がキン肉マン、テリーマン、ロビンマスクを心底羨ましく思ったこと、セイウチン以上に忠義心の高いマンモスマンに対し、実の子供のような感情を抱いていたこと等を明かした(完璧超人の理念に背いてまでマンモスマンを救出したのもそのためである)。また、全盛期以上の肉体と驚異的な頑強さを保っていた裏で、長年の鍛錬で必要以上に肉体を酷使し過ぎたことと、過剰な摂生を続けたことにより、内臓は深刻なダメージを受けており、2回戦以降は控え室にて吐血していた。ウォーズマンは、2回戦で対峙した際にネプチューンマン自身も自覚していなかった本心を秘かに見抜くと同時に、21世紀で体内に搭載しておいたコンピュータもネプチューンマンの内臓異常について分析かつ対応策を導き出していた。そのおかげで、上述のように衰弱していたネプチューンマンの内臓は、完全復活を遂げることができた。

『II世』でのネプチューンマンは全体的に迷走しており、作中の行動だけでなく旧来の設定にも矛盾が生じている。作者自身も自著で原因として自分自身の老いと焦りがネプチューンマンに如実に反映されてしまい、また彼の迷走がキン肉マン、ウォーズマン、マンモスマン、カオスといった主要キャラを巻き込み、足を引っ張る展開になったことで、結果としてこのシリーズ全体の低迷に繋がったと反省の意を述べている[12]

主要対戦成績 編集

劇場版でのネプチューンマン 編集

第7作『正義超人vs戦士超人』にて登場。かつては南シナ海に浮かぶ未知の島インモラ島の七重の塔を守る戦士超人だったが、邪悪な心で宇宙征服を夢見る総大将のビッグ・シンジョウに耐えられなくなり脱退したという設定が付加されている。

夢の超人タッグ編の終盤自爆した後、爆発の瞬間に出来たエアポケットに飲み込まれた彼は奇跡的に生き延びるも生きがいを失った彼は身を崩し、街で暴れ回っていたために超人警察の手により逮捕。フランス超人刑務所に囚人4771号として収監されていた。

死刑の判決を受けるも、執行寸前にキン肉マンにより救出されインモラ島への道案内として同行する。道中をテリーマンらアイドル超人に任せ、キン肉マンとネプチューンマンは最上階にてビッグ・シンジョウと対峙。キン肉マンは彼を倒し、秘法を手に入れるも、その宝が戦士超人軍団のゲオルグ博士が発明した宇宙の最終兵器の設計図であり、ビッグ・シンジョウに奪われたため、ミートを人質にキン肉マンに取り返させようとした事実が発覚。ビッグ・シンジョウは立ち上がり設計図を奪うも、ネプチューンマンはマグネット・パワーで相手の動きを封じ、キン肉マンとのクロス・ボンバーで二人をKO。二人を道連れに空中で再び人狼煙の爆薬により自爆する。

なお本作においては囚人番号の4771番から「4771(死なない)から助かると思っていた」と発言したり、三頭身になって解説するなど珍しい姿が見られる。

得意技 編集

喧嘩(クォーラル)ボンバー
左腕から繰り出す強烈なラリアートで、ハルク・ホーガンのアックスボンバーに似る。詳しくは喧嘩ボンバーを参照。
喧嘩(クォーラル)スペシャル
卍固めの変形[13]ロビンマスクは「喧嘩男にしかできない技」としており[14]、ケンダマン相手に見せたこの技でネプチューンマンの正体に気付いた。アニメではケンカスペシャル
ダブル・レッグ・スープレックス
相手をロープに振り、戻って来た所をコスチュームの巨大な棘に突き刺し捕らえ、ひざ裏から両太股を抱えて身体全体を持ち上げスープレックスを繰り出す。
『初代』ではクロス・ボンバーへの繋ぎ技として使用されてきたが、『II世』では必殺技としての威力まで上がったと設定された[15]
掟破りのロビン・スペシャル
元々はロビンマスクの技。超人師弟コンビ戦の終盤、落下中のロビンの鎧を奪い取り、重みを移すことにより使用。2000万パワーズ戦では落下中のモンゴルマンに使用している。
磁気スープレックス
電磁力で相手を引き寄せ、ジャーマンスープレックスを決める。『マッスルグランプリ2』では磁気嵐スープレックス
磁気嵐ドライバー
磁気スープレックスと同様の原理でパイルドライバーを決める。
魔の直滑降(まのちょかっこう)
相手の突進してくる勢いを利用して、自分の腕を前に出して後方へ相手を投げ飛ばす技。相手をリング下に叩き落とす「魔の直滑降スペシャル」も存在。
地獄の三重刑
マスクマン相手に生み出した技。スリーパーホールドの体勢でスープレックスを決め(ゲーム『マッスルグランプリ2』ではスリーパースープレックスと命名)、相手の覆面を後ろ前にすることにより一時的に相手の声帯・視覚・聴覚を封じる。スリーパーホールドも参照。
審判のロックアップ
組み合うだけで相手の実力を知ることができる特殊能力。超能力の類ではなく、喧嘩男がロビンマスク相手に見せた百戦錬磨の経験による鋭い洞察力が、『II世』でこのように名付けられた。
喧嘩(クォーラル)ライド
ショルダーネックブリーカーの体勢から、さらに相手の両足首を自分の太ももでロック、高くジャンプして衝撃を加える技。
超人絞殺刑(ちょうじんこうさつけい)
元はキン肉マンの技。ロープを挟んで相手の背後から両手をつかみ、両足で相手の首を絞める全体重をかけた絞め技。詳しくは超人絞殺刑を参照。
アイアンバット・スクィーズ
マグネット・パワーにより左腕に鉄柱を2本装着し、そのまま回転し相手に突撃する。作中では時間超人の死時計の刻印よりマンモスマンを救うために使用した。

タッグ技 編集

クロス・ボンバー
ひとりの超人に対し前後から喧嘩ボンバーで挟むように打撃を加える技。詳しくはクロス・ボンバーを参照。
影法師スエット
マグネットパワーをアイアン・スエットに放射することで、 アイアン・スエットの持ち主である者の姿を形どった影法師となる。詳しくは影法師スエットを参照。
磁気嵐クラッシュ
片方の相手を地上でベアハッグに捕らえると同時に、もう片方の相手を空中でパイルドライバーに捕らえ、その頭部どうしをマグネットパワーの作用により激突させる技。
マスク・ジ・エンド
相手の頭を両足で挟みこみ、その頭を軸に回転することにより徐々に相手のマスクを削り取っていく技。詳しくはマスク・ジ・エンドを参照。
サンダーサーベル
コーナーポストにリングロープを巻きつけて作り上げた即席電磁石をマグネットパワーで高速回転させ、磁気嵐により雷雲を生み出す。詳しくはサンダーサーベルを参照。
クロス延髄
巌流島コンビのタッグ技。詳しくは巌流島コンビを参照。
巌流島ドロップ
巌流島コンビのタッグ技。詳しくは巌流島コンビを参照。
レインボーブリッジスープレックス
巌流島コンビのタッグ技。詳しくは巌流島コンビを参照。
イクスパンション・タービン
ヘル・イクスパンションズのツープラトン。セイウチンが相手に噛みついた状態で相手を回転させたところに、相手の首めがけてギロチンドロップを決める。
フライング・セイウチ
ヘル・イクスパンションズのツープラトン。セイウチンの牙にリバースフルネルソンに取り、そのまま相手に投げつける。
ランペイジ・ホイール
ヘル・イクスパンションズのツープラトン。セイウチンが相手にジャーマンスープレックスで投げ、ネプチューンマンがさらに相手にフライングヘッドシザースで地面に叩きつける。
へジホッグボール
ヘル・イクスパンションズのツープラトン。ニードルファーによりハリネズミのようになり丸まったセイウチンを左腕に絡み付け、相手に投げつける。
地獄の氷結落とし
対戦相手の腹部にチョッキの針を突き刺すと同時に、さらにマンモスマンがネプチューンマンを抱きかかえ、相手の背中をビッグ・タスクで刺すことにより完全に動きを封じ、2人で協力してジャーマン・スープレックスの体勢で投げ捨てる。

プロフィール 編集

  • 分類: 完璧超人(のちに正義超人に寝返ったり、完璧超人に戻ったり、また正義超人に寝返ったりの繰り返しだが、作中の大半は完璧超人としての登場である)
  • 出身地: イギリス
  • 身長体重: 240cm 210kg[16]
  • 超人強度: 2800万パワー[17]
  • 年齢: 26歳[18](『II世』の設定では1983年当時20歳とされ、54歳[11]
  • 好物: 牛の丸焼き[19]
  • 趣味: 下等超人の覆面、顔の皮のコレクション[20]

異名 編集

  • 無冠の帝王[19]
  • 最強の完璧超人[21]
  • 地獄の錬金術師[22]
  • 完全無欠の完璧超人[23]

主な肩書き 編集

  • 悪の協調(コンチェルト)(サタン、ネプチューンマン、マンモスマン、ライトニング、サンダー)[24]

個人タイトル歴 編集

「タイトルは弱者のシンボルである」というネプチューン・キングの教えに従っているため無冠[16]だが、『II世』では複数のタイトルが追加されている。

  • 第20回超人オリンピックイギリス国内予選準優勝
  • 英国超人プレミアリーグチャンピオン ('77)[25]
  • 宇宙超人グリマ選手権覇者 ('73)[25]

声優 編集

テーマソング 編集

無冠の帝王
歌:山中のりまさ/セリフ:岸野一彦(ネプチューンマン)/作詞:吉田健美/作曲:芹澤廣明/編曲:松井忠重

コンピュータゲーム 編集

キン肉マン キン肉星王位争奪戦』では5人のステージキャラクターの内の1人として登場。ステージ3にてキン肉アタルがフェニックスを倒しており、ステージ4にてキン肉マンチームのメンバーが全員倒された場合にのみ登場。必殺技は相手と一定の距離をとってから放つ「喧嘩ボンバー」。

キン肉マンII世 超人聖戦史』では主人公が正悪を示す属性ゲージが一定以上であれば仲間にできる、またイギリス出身もしくは打撃タイプであり特定の条件を満たしてあれば弟子入りすることも可能、「喧嘩ボンバー」[26]を習得できる。主人公が選んだルートにより扱いが分かれる。以下にそれを示す。

  • 正義ルート
原作同様。2000万パワーズが主人公のチームに倒されているため、準決勝で戦うことになる。キン肉星王位争奪戦では主人公が他の王子のチームに加入していると、キン肉マンチームと対峙した際、戦うことになる。
  • 中立ルート
主人公が乱入していた場合、マッスル・ブラザーズが主人公のチームに倒されているため、決勝戦で戦うことになる。
  • 悪行ルート
部下を引きつれ地球に襲来。ヘル・ミッショネルズとして主人公のチームと戦う。

キン肉マン ジェネレーションズ』など『キン肉マンII世』以後のゲームでは、タッグチームを組むキャラクターによっては特定のチーム名が付けられる。以下にそれを示す。

ヘル・ミッショネルズ、巌流島コンビを除いてはゲーム独自の名称である。

アーケードゲーム『キン肉マン マッスルグランプリ2』では2007年7月31日より解禁され使用可能となった。また、PS2版『キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛』では最初から登場する。

ファミコンジャンプ 英雄列伝』では敵キャラクターとして登場。バッファローマンと共に占いババの用意した2超人として主人公と対戦し、「クォーラルボンバー」を使用する。

ギャラリー 編集

脚注 編集

  1. ゆでたまご「仮面の秘密!!の巻」『キン肉マン 第18巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1984年12月15日、ISBN 978-4-08-851148-1、181頁。
  2. 2.0 2.1 2.2 ゆでたまご「死の制裁!!の巻」『キン肉マン 第18巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1984年12月15日、ISBN 978-4-08-851148-1、114-126頁。
  3. ゆでたまご『キン肉マン 第23巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1985年12月15日、ISBN 978-4-08-851803-9、カバー折り返し・作者コメント。
  4. ゆでたまご「これがゆで流創作術!キン肉マン―運命の選択肢― ~夢の超人タッグ編~」『キン肉マン 夢の超人タッグ (3) 決着!!栄光のトロフィー編』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2006年9月30日、ISBN 978-4-08-109270-3、166頁。
  5. ゆでたまご「完璧の秘密!!の巻」『キン肉マン 第23巻』26-27頁。
  6. 「仮面の秘密!!の巻」『キン肉マン 第18巻』167-184頁。
  7. ゆでたまご「孤独の戦士!!の巻」『キン肉マン 第23巻』47-65頁。
  8. ゆでたまご「水中の死闘!!の巻」『キン肉マン キン肉星王位争奪戦 (5) 最強助っ人サムライの美学!編』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2007年1月20日、ISBN 978-4-08-109331-1、47-65頁。
  9. テレビアニメ『キン肉マン キン肉星王位争奪編』第39話Aパート「探せ!偽王子の証拠!!の巻」
  10. ゆでたまご「進化のタッグで悪魔に臨め!!」『キン肉マンII世 25』集英社〈スーパー・プレイボーイ・コミックス〉、2004年3月24日、ISBN 978-4-08-857432-5、44頁。読者投稿のおでかけスタイルを披露
  11. 11.0 11.1 ゆでたまご「選ばれし"越境タッグ"!?」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 02』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2006年2月22日、ISBN 978-4-08-857453-0、203-222頁。
  12. ゆでたまご・嶋田隆司「第二章 火事場の友情パワー 自分が生み出した超人の力もまた信じる」『火事場の仕事力』ワニブックス 、2012年4月25日、ISBN 978-4-8470-6531-6、96-97頁。
  13. ゆでたまご「超人必殺技シリーズ (11) 喧嘩スペシャル」『キン肉マン 第21巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1985年7月15日、ISBN 978-4-08-851801-5、26頁。
  14. 「因縁試合!!の巻」『キン肉マン 第18巻』127-145頁。理由の一つには使用者にある程度腕力と脚力がないと効果はあまり期待できないからでもある。
  15. ゆでたまご「理性を凌駕する魔の獣性!!」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 04』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2006年7月24日、ISBN 978-4-08-857460-8、205頁
  16. 16.0 16.1 週刊少年ジャンプ特別編集『キン肉マン熱闘スペシャル』集英社、1984年8月25日、雑誌29936-8/25、11-12頁。
  17. ゆでたまご「今、明かされる“マイケル”の正体」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 16』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2008年12月24日、ISBN 978-4-08-857488-2 、69頁。
  18. TEAM MUSCLE編「キン肉大辞典」『キン肉マン 特盛』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1999年8月24日、ISBN 978-4-8342-1679-0、184頁。
  19. 19.0 19.1 「無冠の帝王(ネプチューンマンのテーマ)」CD『キン肉マン超人大全集』収録。「(夢の超人タッグに)優勝したら10頭食うぞ」と発言。
  20. ゆでたまご「正義超人の覚悟!!」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 10』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2007年12月24日、ISBN 978-4-08-857474-5、176頁。
  21. TEAM MUSCLE編「カラーイラスト集」『キン肉マン超人大全』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1998年7月22日、ISBN 978-4-8342-1677-6、26頁。
  22. ゆでたまご「万太郎タッグの危機、再び!? 」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 05』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2006年9月24日、ISBN 978-4-08-857461-5、73頁。
  23. キン肉マン マッスルグランプリ2
  24. ゆでたまご「死の時限装置!!」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 17』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2009年3月19日、ISBN 978-4-08-857491-2、143頁。
  25. 25.0 25.1 ゆでたまご「プラモが繰り出す想定外の強豪!?」『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 6』集英社〈週刊プレイボーイ・コミックス〉、2006年12月24日、ISBN 978-4-08-857463-9、123頁。
  26. ゲーム中では「クォーラル・ボンバー」と表記される。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki