FANDOM


ビッグ・ボンバーズは、『キン肉マン』および続編『キン肉マンII世』に登場するタッグ。

概要 編集

連載初期から登場していたが活躍の場がなかったアイドル超人のコンビ。トーナメント開始前の出場選手選考時は「技巧コンビ」と呼ばれていた。

トーナメント開始直前に乱入して来たはぐれ悪魔超人コンビに「弱体チーム」と罵られた事に逆上し襲いかかるが、返り討ちにあってしまう。結局、棄権とみなされて大会の出場権を奪われた。

『究極の超人タッグ編』では、はぐれ悪魔コンビ戦の汚名を濯ぐ好機と考えてリザーブ・マッチの候補者席に座っていたが、対戦相手が時間超人と判明するとそのリスクの大きさに躊躇して、テガタナーズに出場権利を譲る。

機会を待って故国で鍛錬を続けようとするスペシャルマンに対し、周りからの非難を恐れるカナディアンマンは帰国せずに、日本での隠遁生活を考える。その直後、マッスル・ブラザーズ・ヌーボーのグレートIIIが人間だと聞いたカナディアンマンは、それを委員長に密告する事で、マッスル・ブラザーズ・ヌーボーに代わって自分達がタッグ本戦に参加しようとスペシャルマンに提案する。決して乗り気では無かったスペシャルマンだが、結局止められずに実行。しかし、委員長には「正義超人の風上にもおけないチーム」とその行為を非難され、後に制裁を加えられた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki