FANDOM


ロビン・スペシャルは、『キン肉マン』に登場する技。

概要 編集

対喧嘩男のために開発・温存したタワーブリッジと並ぶロビンの必殺技[1]。相手の身体をエアプレンスピンで上空に放り投げると共に自分も跳躍し、相手と共に落下しながら首4の字を掛け、両手で着地する事によりその衝撃で相手の首へと強烈なダメージを与える。相手の自重に加えて、ロビン自身の体重分、落下のスピードが増すことで一段上の衝撃となる。

この技を使用するには、相手の身体を投げて一緒に落下する際に、自分の落下スピードが相手の落下スピードを上回っていなければならないため、鋼鉄の鎧を装着することで相手のスピードを上回るようにしていた[2]

派生技 編集

掟破りのロビン・スペシャル
夢の超人タッグ編で使用された返し技。ロビンマスクの鎧を奪い、先に落下する事が可能となったネプチューンマンが使用。
ロビン・スペシャル 1st
初披露の際に使用。技のラストを首4の字ではなくパイルドライバーで締めている。「ロビン・スペシャル1st」の名はゲームにて名付けられている。
ロビンスペシャル ケビンVer.
ロビン版との違いは首4の字を掛けた状態(ロビンは首4の字を落着時の衝撃で極める)で落下すること。
アドレナリン・ブリッジ
ジ・アドレナリンズのタッグ技。ロビンマスクが敵一人にロビン・スペシャルを掛けつつ、さらに空中で同じ相手にキッドがテキサス・クローバー・ホールドを掛けて、両者片腕ずつ着地する。ロビン・スペシャルとテキサス・クローバー・ホールドを同時に仕掛けることにより、タワーブリッジに近いダメージ(腰折り)も与える。タワーブリッジテキサス・クローバー・ホールドも参照。

使用者 編集

Robin Mask.jpg

脚注 編集

  1. ゆでたまご「因縁試合!!の巻」『キン肉マン 第18巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1984年12月15日、ISBN 978-4-08-851148-1、136-137頁。
  2. ゆでたまご「執念!!ロビン・マスクの巻」『キン肉マン 第19巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1985年2月15日、ISBN 978-4-08-851149-8、18頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki