FANDOM


Ec ases0017 0000 c21 01.jpg 与作は、『キン肉マン』に登場するキャラクター。

主な特徴 編集

初期の脇役の一人。目立ちたがり屋であり、よくテレビに映りたがる男性。普段は牛丼屋で働いている。映画『ロッキー』に影響され、キン肉マンのボクシングのコーチを務めたこともあった。

アニメでは「何処にでも出てきて何にでもなる与作さん」と呼ばれるほど、様々なところで登場し解説なども務めた。またキン肉マンの決めゼリフに驚く役でもある。怖いものを見ると腰を抜かす。セリフでは「~ぜよ」と最後に付ける口癖がある。アニメ王位編ではキン骨マンとイワオが拘禁されている牢獄の看守として登場。

ドン・ピカー・デリカオーネと同じく、各シーン・各作品に登場するキャラクター。手塚作品で言うところの、ヒゲオヤジやお茶の水である。

異名 編集

  • 何処にでも出てきて何にでもなる与作さん
  • 翔んでるひばりヶ丘の与作さん

プロフィール 編集

  • 種別: 地球人
  • 出身: 日本の旗 日本
  • 初登場: 第1次怪獣退治編
  • 特技: 裸踊り

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki