FANDOM


二階堂マリは、『キン肉マン』に登場するキャラクター。

主な特徴 編集

キン肉マンやミートが惚れている住之江幼稚園(アニメではひまわり幼稚園)の保母。キン肉マンは「マリしゃん」と呼ぶ。しかし原作では序盤のみの登場でヒロイン役は途中からビビンバに取って代わられた。翔野ナツ子と一緒に登場する事が多く、ケンカすれば「尻軽女!」と言われて尻が宙に浮いてしまう。

アニメ版ではその後も登場し続け、いつしかキン肉マンの正式な恋人に。ケンカ相手だった翔野ナツ子とも親友同士となった。キン肉星王位争奪編にも引き続いて登場しており、最終回で結婚している。

キン肉マンII世』ではビビンバの登場により、自らキン肉マンから身を退き、海外で幼児教育の現場を勉強する為に、第21回超人オリンピックの直前に日本を脱出した事を明かした。それから21年後、住之江幼稚園の経営者である父親が亡くなり、同幼稚園を継ぐ事になって日本に帰国。その後、幼稚園の前に捨てられていた赤ん坊を拾い、リング上では絶対に強くカッコ良かったキン肉マンにあやかり、リングのリンを取って、凛子(リンコ)と名付け育てる。キン肉万太郎達が参加していた超人オリンピック中にスグルと再会を果たす。年月を経ても外見にあまり変化は見られず、若い容姿を保っている。「究極の超人タッグ編」でもキー人物として扱われている。

プロフィール 編集

  • 種別: 地球人
  • 出身: 日本の旗 日本
  • 身長体重: 不明
  • 初登場: 第1次怪獣退治編

主な肩書き 編集

  • 住之江幼稚園保母
  • 住之江幼稚園園長(II世)

声優 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki