FANDOM


四次元殺法コンビは、『キン肉マン』に登場するタッグ。

メンバー 編集

概要 編集

いとこ同士[1]のコンビ。

1回戦でマッスル・ブラザーズと戦い、マッスル・ドッキングにより敗れ、アシュラマンからは「出場タッグの中で一番弱い」と評される。

合計超人強度 編集

  • 270万パワー

タッグ技 編集

下の他にも、ペンタゴンのクロノス・チェンジストップ・ザ・タイムを利用した変則的な技がある。

四次元ワープ
自らブラックホールの顔面の穴に入り込む事により、四次元空間を通じて別の場所にワープする。吸引ブラックホールも参照。
四次元交差
ブリッジの体勢を取ったブラックホールの顔の穴に対戦相手をパイルドライバー(アニメではボディスラム)で投げ入れ、四次元空間に送る。吸引ブラックホールも参照。
四次元エレメント交差
ブラックホールの顔の穴から四次元空間に入り、ブラックホールと身体を入れ替える技。発動するとブラックホールの身体が裏返り、ペンタゴンが出現する。周りの者からはブラックホールがペンタゴンに変身したように見えるが、実際は両者が入れ替わっている。ブラックホールとペンタゴンにしかできない禁断の技。ジャック・チー戦で使用。吸引ブラックホールも参照。

共通技 編集

フォーディメンションキル
背後から逆さに掴んだ相手の両腕を交差させて掴み、両脚も自分の足でフック。その状態で落下し脳天をリングに叩きつける。詳しくはフォーディメンションキルを参照。

タッグタイトル歴 編集

脚注 編集

  1. TEAM MUSCLE編『キン肉マン 77の謎』集英社〈ジャンプコミックスセレクション〉、1998年12月16日、ISBN 978-4-83- 421678-3、100-101頁。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki