FANDOM


川田(かわだ)は日本の漫画家。

概要 編集

『モーニング』(講談社)でデビュー。何度か『モーニングツー』(講談社)に読切が掲載された。この頃、こしのりょうの元でアシスタントを始める。ジャンプ系の公募新人漫画賞・手塚賞に読切「ラブアンドジャスティス」を投稿し、第77回(2009年)手塚賞で佳作を受賞した。手塚賞受賞当時、担当者に青年誌での連載を勧められた。しかし、一度は少年誌で書いてみたいという川田の意向によって『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載獲得を目指すこととなり、当時『黒子のバスケ』を連載していた藤巻忠俊の元でアシスタントを勤める。

『火ノ丸相撲』 編集

火ノ丸相撲』(ひのまるずもう)は、川田による日本の漫画作品。

川田の初連載作品となる相撲漫画。『少年ジャンプNEXT!』(集英社)・『週刊少年ジャンプ』(集英社)に読切版が掲載されたのち、『週刊少年ジャンプ』2014年26号より連載中。話数カウントは「第○番」。

Ec ases0017 0000 c06 01

3巻の帯では、ゆでたまごがコメントを寄せている。格闘マンガムック「BIG FIGHT」vol.1でのゆでたまごインタビューでも注目の格闘漫画として紹介されている。また、この作品に感化され、ウルフマンの引退の読み切りを描いたともされている。

マッスル・ギャラリー 編集

マッスル・ギャラリー」のトリビュートに参加。

詳細はマッスル・ギャラリーを参照

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki