FANDOM


7人の悪魔超人(しちにんのあくまちょうじん)とは、『キン肉マン』に登場する幻の悪魔超人7人を指す総称。「7人の悪魔超人編」において、まだメンバーが決定していないため、一応登場させたメンバーで、ファンの間では、様々な憶測が飛び交っている。各キャラクターについては、それぞれの項目を参照。

概要 編集

登場は、ほとんど7人の悪魔超人編「地獄から来た7人の巻」のみ(キャラクター個別ではそれぞれ、「夢の超人タッグ編」や『キン肉マンII世』など登場している)。その後は、7人の悪魔超人にメンバーが変更されている。

作者ゆでたまごによると、キン肉マン周辺のキャラが固まってきたため、団体戦を行うため明確な敵として、悪魔超人の登場を決定。当時の担当編集者との打ち合わせで7人と決めたものの、その人選はシリーズ開始後もまだ決まっておらず、当初は別の超人が登場していたり、デザインが異なる超人もいた。現在に於いても「今さら直す気も起こらない」という理由で、あえてそのままにしているという[1]

なお、「地獄から来た7人の巻」時点で登場していた7人の悪魔超人は、バッファローマンブラックホールアトランティススプリングマンの4人のみでリーダーも、ブラックホールになる予定だった。

メンバー 編集

主な憶測・推測 編集

真実は、上記の通り、デザインや超人が決定していなかったためであるが、このキャラクターたちの存在を肯定するかのように、ファンの間では、様々な推測があがっている(ファンの遊びの1つである)。

オーバーボディ説 編集

後に、「夢の超人タッグ編」では、デザインや超人が決定していなかったときの策として、オーバーボディというアイディアを使用している。これにより、ネプチューン・キングの姿が、マイルドマンのデザインからビッグ・ザ・武道へと変わっている。同様に、幻の7人の悪魔超人の正体も、「地獄から来た7人の巻」に登場していない悪魔超人(ミスター・カーメンザ・魔雲天ステカセキングの3人)のオーバーボディの可能性を唱える説がある。

実際は、幻の7人の悪魔超人が同じコマで4人以上登場する場面もあるため、この説でも矛盾が生じているが、『キン肉マンレディー』では、この説をネタにする形で、ミスター・カーメンに対応する女性超人ミスカーメンが、ミスター・アメリカンに対応するミス・アメリカーナと、ダークII世(謎の超人)に対応するミス・謎の超人のコスプレを行っている。

無関係の超人説 編集

正義超人が数多く登場する場所であるため、無関係の超人というか「リングに残っていた無名の正義超人」という説も存在する。実際、第21回超人オリンピックでは、恐怖の新幹線アタック競技にプリプリマンを思わせる「プリプリ男」なる超人の名前が登場している。

また、アーム・ストロングミスター・アメリカンなど、「夢の超人タッグ編」では、完璧超人(ネプチューン・キングの弟子)として登場することから、完璧超人として推測されることもある。

キン肉マンレディー』では、この説をネタにする形で、プリプリマンに登場するゆるキャラぷりぷりまんまんミリオン・ヘルに対応するゆるキャラの中で働いていたバイトミリ・オンヘルアーム・ストロングに対応する女性超人アアム・ストロングフラッシャーバルーンに対応する女性超人フラツ・シャーバルンクモノコチラスに対応するアニメキャラクタークモの子チラスは、それぞれの理由でリングに現れた無関係の超人(や人間)として描かれている。

悪魔超人の別働隊説 編集

復活した7人の悪魔超人を出迎えにやってきた悪魔超人という説。実際、魔界では、7人の悪魔超人悪魔六騎士以外にも超人は存在しているため、別働隊が存在していてもおかしくはない。また、『キン肉マンII世』でサンシャインが持つ写真には、7人の悪魔超人悪魔六騎士悪魔将軍とともに、プリプリマンも写っているなど、少なくともプリプリマンは悪魔超人だったと考えるファンは多い。

「地獄から来た7人の巻」で登場したリングに登場した謎の超人が7人であることから、「幻の7人の悪魔超人」と総称されることも多い。

編集

  1. ゆでたまご「これがゆで流創作術!キン肉マン―運命の選択肢― ~7人の悪魔超人編~」『キン肉マン 7人の悪魔超人編 (1)』集英社〈ジャンプリミックス ワイド版〉、2005年8月27日、ISBN 978-4-08-109025-9、318-319頁。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。