FANDOM


武井 宏之(たけい ひろゆき、1972年5月15日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。青森県東津軽郡蓬田村出身。青森県立青森南高等学校卒業。血液型はA型。

『シャーマンキング』 編集

『シャーマンキング』は、武井宏之による日本の漫画及びそれを原作としたアニメ。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1998年(平成10年)31号から2004年(平成16年)40号まで連載された。通称は「マンキン」。話数カウントは「第○廻」(○には漢数字が入る)。

2011年(平成23年)11月から2012年3月まで、主要キャラクターの過去を描いた読切連作『シャーマンキング0-ZERO-』を掲載。4月より、葉の息子である花を主人公にした『シャーマンキングFLOWERS』の連載がスタート。

戦国大戦 - 1570 魔王上洛す -』では、本作のキャラクターをモデルとしたキャラクターが『キン肉マン』のキャラクターをモデルとしたキャラクターと共演。

ジャンプアルティメットスターズ』で『キン肉マン』のキャラクターと共演。

麻倉葉
『シャーマンキング』の主人公。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
『戦国大戦 - 1570 魔王上洛す -』で、『シャーマンキング』の麻倉葉をモデルにした上杉謙信が登場。
頭のヘッドホン、首に掛けた熊のツメと木製の便所サンダルがトレードマーク。双子の兄であるハオは千年に亘る因縁の敵であるが、彼の心の奥底にある孤独や苦しみを斟酌し、何とかして救いたいと考えている。
恐山アンナ
『シャーマンキング』のヒロイン。葉の許婚。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
普段着は赤いスカーフにワンピース、そして葉と同じ便所サンダル。服は無料の通販雑誌などで買っている。葉や竜が一目惚れするほどの容姿の持ち主で、クールでミステリアスな印象を与える美少女。暴虐不尽な性格で逆らう者には誰彼構わず暴力を振るい皆に恐れられているが、一方で普段は見せない心優しく繊細な面もある。
ハオ / 麻倉葉王
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
セーマン(五芒星)をシンボルとし、衣服にあしらっている。シャーマンとしての精神の強さは「人類への怒りと悲しみ」。
葉と瓜二つの顔をしており、その正体は、かつてG.Sを使って人類を滅ぼし、優れたシャーマンだけの世界「シャーマンキングダム」を作ろうとした麻倉家始祖の大陰陽師・麻倉葉王。陰陽道を究め、泰山府君の祭で閻魔大王と契約することにより自らの輪廻転生を自在に操れるようになった葉王は、死後も転生を続け、葉の双子の兄・ハオとして現代に現れた。
道蓮
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
最長の時には60センチも伸びる頭のトンガリは彼のトレードマーク。「チームTHE蓮」リーダー。シャーマンとしての精神の強さは「迷わない心」。
中国の歴史の陰で1800年間暗躍してきた道家の御曹司。初めは葉と敵対、ライバル視していたが幾度と戦い合うにつれ友情が芽生え、行動を共にするようになった。
ホロホロ / 碓氷ホロケウ
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
北海道から上京してきたアイヌのシャーマン。熱血的で感情的な性格。シャーマンとしての精神の強さは「アイヌの教えからなる弱肉強食と感謝の気持ち」。
女神と狼の間に生まれたと言われる一族のシャーマンの末裔であり、その血筋が原因となって引き起こしたともいえる、とある過去を背負い隠しており、それは最終盤における十祭司カリムとの決戦でようやく葉たちには明かされた。普段名乗る「ホロホロ」は愛称のようなもので、本名は「碓氷ホロケウ」である。
小山田まん太
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
実家は世界的に有名な電子機器メーカー・オヤマダを営む大富豪。万辞苑という辞書を常に携帯している。葉の初めての人間の友達で、葉に触発され霊を見ることができるようになるが、シャーマンの修行は積んでいない為に、O.Sや憑依合体は出来ない。作中一番のツッコミ役で、そのリアクションは様々。
阿弥陀丸
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
『戦国大戦 - 1570 魔王上洛す -』で、『シャーマンキング』の阿弥陀丸をモデルにした毘沙門天が登場。
侍の霊。元々ふんばりヶ丘で自縛霊だったが、葉の持霊となる。生前の愛刀は親友の鍛冶屋・喪助が打った「春雨」。独自に編み出した阿弥陀流剣術は、真空波を飛ばす「真空仏陀切り」を始めとして、常人離れした威力を持つ。
チョコラブ・マクダネル
『シャーマンキング』の主要キャラクター。
『ジャンプアルティメットスターズ』に登場。
シャーマンとしての精神の強さは「笑いへの想いと過去への償い」。インディオの力で戦う黒人系のアフロヘアーが特徴の少年。世界に笑いの風を吹かせるためにシャーマンキングを目指しているが、実際のギャグは酷く寒く、逆に蓮やホロホロの怒りを買い、ボコボコにされることもしばしば。
かつてのクリスマスの日に強盗に両親を殺され、孤児院を転々としたあげく、ニューヨークでギャングにまで落ちぶれたが、あるクリスマスの日に出逢った年老いたインディオのシャーマンオロナに救われ、コメディアンになる道を歩み始めた。

マッスル・ギャラリー 編集

マッスル・ギャラリー」のトリビュートに参加。

詳細はマッスル・ギャラリーを参照

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki