FANDOM


残虐超人(ざんぎゃくちょうじん)は、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』及びその続編『キン肉マンII世』に登場する架空の勢力。

概要 編集

クリーンなファイトを信条とする正義超人とは違い、主に残虐ファイトを売りとし、リング上での殺戮などを楽しむ超人たちの総称。

但し人類支配をたくらむ悪行超人が現れた際には正義超人と結託して戦うなど[1]基本的には正義超人内の一部勢力であり、『正義』の残虐超人と分類されている[2]。そのため正義超人の祭典である超人オリンピックにも参加は可能[3]。『キン肉マン』に登場する残虐超人は、殆どが『正義』の残虐超人である。

しかし数十年起つとその定義も薄れて形骸化してきており、『キン肉マンII世』の時代では残虐超人の殆どが悪行超人と分類されている[4]。悪行超人の連合軍であるd.M.pの一角も残虐超人が占めていた(他完璧超人悪魔超人)。

キン肉マンもWSC(超人評議会)、WSF(超人同盟)を仲たがいさせるため、シャネルマンと名乗り残虐超人を装ったこともある。

『キン肉マンII世』の劇場版『キン肉マンII世 マッスル人参争奪!超人大戦争』では、多数の残虐超人が登場する。

『キン肉マン』に登場する残虐超人編集

第20回超人オリンピック参加者 編集

第20回超人オリンピック」も参照

宇宙一凶悪コンビ 編集

第21回超人オリンピック参加者 編集

第21回超人オリンピック」も参照

キングコブラ

残虐チーム 編集

Ec ases0018 0000 c20 01

『キン肉マンII世』に登場する残虐超人編集

d.M.p 残虐超人軍 編集

第22回超人オリンピック参加者 編集

第22回超人オリンピック」も参照

ノーリスペクト 編集

詳細はノーリスペクトを参照

時間超人 編集

『究極の超人タッグ編』で初登場。常人をはるかに超えた能力を持つ超人のうちの一種で、正義超人・残虐超人・悪魔超人完璧超人に次ぐ第五の勢力。残虐超人の変種とされる[6]。頭部に魔時角(まじかく)と呼ばれる時計の長針に似た角が生えており、それを折ることで生涯に一度のみタイムスリップできる能力を持つ。

アニメ(映画)オリジナル 編集

他多数。また、上から4人はアニメ第一期終盤にて、他二人(ザ・犀暴愚とプリプリマン)を加え最凶悪行超人としても登場しているが、関係性は不明。それぞれで声優も違い、ザ・プロテクターが映画ではロボ超人だがアニメでは生身のような描写がある。また、バロン・マクシミリアンも、映画ではマッスル人参を食べてパワーアップした姿に、アニメでは自分の意志で変身していた。

編集

  1. ラーメンマンやブロッケンJr.は、宇宙野武士に苦しめられているラッカ星を助けるためキン肉マン、テリーマンら正義超人と共闘している。
  2. ゆでたまご 「大公開!! 超人勢力図」 『キン肉マン 黄金のマスク編 4』186頁。 集英社〈ジャンプリミックス〉
  3. 後に「自分は残虐超人だった」と語ったイリューヒンは参加しているが、系統不明の悪行超人ヒカルドの参加は問題視されていた。
  4. ゆでたまご 「大公開!! 超人勢力図」 『キン肉マン 黄金のマスク編 4』187頁。 集英社〈ジャンプリミックス〉
  5. ゲーム『キン肉マン マッスルグランプリ』にて分類。
  6. 初期の話では、悪行超人(残虐・悪魔・完璧)の突然変異種とされていた。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。