FANDOM


西村 繁男(にしむら しげお、1937年5月31日 - )は日本の雑誌編集者。「週刊少年ジャンプ」の第3代編集長。「フレッシュジャンプ」「スーパージャンプ」の初代編集長。

概要 編集

麻布中学校・高等学校を卒業後、1962年に早稲田大学第一文学部を卒業して集英社に入社。当初は幼年誌「日の丸」の編集部に配属になるが、同誌が配属後半年で廃刊になったため「少年ブック」編集部に異動。その後同誌の編集長だった長野規らと共に1968年に「少年ジャンプ」(当時は月2回刊)の創刊に携わる。

1973年には「週刊少年ジャンプ」(1969年より週刊化)の副編集長となる一方で、集英社労働組合の委員長に就任( - 1974年)。1978年には前任の中野祐介の後を継ぎ、「週刊少年ジャンプ」の第3代編集長となった。1982年には「フレッシュジャンプ」を創刊し、編集長を「週刊少年ジャンプ」と兼任する。1986年には「週刊少年ジャンプ」の編集長を後藤広喜に、「フレッシュジャンプ」の編集長を中野和雄にバトンタッチする一方で「スーパージャンプ」を立ち上げ同誌の編集長に就任。1989年には同社役員待遇となり、1994年に同社を退社した。退社後は編集者時代の回想を軸とした執筆活動を行った。

『キン肉マン』との関係 編集

低年齢層読者の獲得を狙い『キン肉マン』を連載させるため、担当の中野和雄と大阪へ行き、ゆでたまごの2人(嶋田隆司中井義則)それぞれの親を説得し漫画界入りへの足がかりを作った。

作中では、底無し星人に集英社編集部メンバーが吸い込まれる場面などに登場。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki