FANDOM


Niku

運命の5王子(うんめいのごおうじ)とは、『キン肉マン』に登場する5人を指す総称。『キン肉マン』の最終シリーズである「キン肉星王位争奪編」において、主人公・キン肉マンとキン肉星の王位を賭け戦った。

メンバー 編集

KinnikuFlag

概要 編集

前シリーズ「夢の超人タッグ編」までの戦いで、キン肉マンの持つ潜在能力「火事場のクソ力」は成長を続け、その力は超人の神々にも届く勢いであった。神々の住む天上界に影響を及ぼすことを危惧した5柱の邪悪の神たちは、キン肉マンがキン肉星の王位を継承してより影響を強めるのを阻むために、5人の王位継承候補を独自に立てキン肉マンと争わせることにした。5人はいずれも1960年4月1日、キン肉マンと同日同時刻に同じ病院で誕生しており、病院で起きた火災による混乱で子供の取り違えがあった可能性を根拠に継承権を主張した。

5人の継承候補は、それぞれ邪悪の神が乗り移り力を貸すことで平凡な超人から変身を遂げた。いずれも、超人の神と同等の超人強度1億パワーを持つ。各々が4名のチームメイトを率い、キン肉マンを含めた6チームで「王位継承サバイバル・マッチ」と呼ばれるチーム対抗トーナメントを戦った。

この王位争奪編の発想は「キン肉マンが複数いたら面白いかな」「もしキン肉マンが本当の王子じゃなかったら?」と、考えたことが発端。また「病院で子供を取り違える」というアイディアはドラマ「赤いシリーズ」がモチーフとなっている[1]

ギャラリー 編集

編集

  1. 株式会社ワールドフォトプレス 『フィギュア王No.119』 57ページ。嶋田隆司インタビューより

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki