FANDOM


Tatakkaeramenmanlogo .jpg

闘将!!拉麵男』(たたかえ!!ラーメンマン)は、ゆでたまごの漫画作品。『キン肉マン』に登場するキャラクター・ラーメンマンを単独の主役としたスピンオフである。集英社『フレッシュジャンプ』で1982年から1988年にかけて連載され、1988年にはアニメ化された。

作品解説 編集

1982年3月当時、集英社『週刊少年ジャンプ』(以下、WJ)に「キン肉マン」を連載していたゆでたまごは、同誌企画「第10回愛読者賞」[1]のエントリー作品として読切作品を執筆し、1982年15号に掲載された。この読切「闘将!!拉麵男」は、「キン肉マン」に登場する人気キャラクター[2]であるラーメンマンを独立した主人公として描いたもので、読者投票では2位を獲得した。当初「キン肉マン」の終了後の次作として想定されていた[3]「闘将」は、間もなく創刊された姉妹誌『フレッシュジャンプ』(以下、FJ)の創刊1982年8月号から、当初唯一の連載作品として連載開始した。以後、途中に1年半の休載を挟みつつ『WJ』の「キン肉マン」「ゆうれい小僧がやってきた!」と同時連載を続けたが、『FJ』の休刊にともない1989年1月号(1988年12月)で未完のまま連載終了となった。1988年1月にテレビアニメ化、7月に劇場化され、8月にはコンピュータゲームが発売されるなどのメディア展開がされた。

作品は中国を舞台とし、架空の中国拳法「超人拳法」の継承者であるラーメンマンの修行と戦いの旅を描く。前半は1話から2話程度で完結する短編が多くを占めており、村人を虐げる悪の拳法家や、超人拳法の秘伝を狙う敵などとの戦いを繰り広げる。後半にはチームバトルやトーナメント方式の戦いが取り入れられた。残虐描写は『キン肉マン』と比べて過激になっており、子供も含めて虐殺されるシーンがたびたび描かれる。

時代背景は「むかしむかしのおはなし」[4]とされているが、帝政下の中国ということが分かるくらいで、厳密な設定はされていない。基本的には文明化されていないが、映写機やリモコンといった近代的な道具がしばしば登場する。ゆでたまごは「『闘将』は『キン肉マン』の何年前の話か」という質問に対し、パラレルワールドであり直接の繋がりはないと回答している[5]

ゆでたまごはまた、中国を舞台に中国拳法を本格的に扱った漫画は本作が最初であると主張している[6][7]。ブルース・リーの映画に影響を受け、元のラーメンマンのキャラクターに少林寺拳法の要素を取り入れたと語る[7]。未完で終わったことについては、続編を描く事への意欲を見せている[7]

単行本はジャンプ・コミックスとして全12巻が発売された。1998年から1999年にかけてはジャンプ・コミックス・セレクション(愛蔵版)全9巻が、2002年には文庫版全8巻がそれぞれ発売されている。2004年6月からは『コミック格闘王』(集英社インターナショナル)で再録が連載開始したが、同誌は2号で休刊。その後「集英社ジャンプリミックス」レーベル(コンビニコミック)で2004年12月から2006年9月にかけて全12巻が発売された。

あらすじ 編集

ラーメンマンは幼くして、村を襲った馬賊・毒蛇党(コブラとう)に目の前で父を殺された。自らも谷底に落とされるも、一命を取り留めたラーメンマンは、一人で何万もの軍勢を倒すことの出来るという「超人拳法」の師範・陳宗明に出会い師事する。12年間の厳しい修行に耐え青年となったラーメンマンは、陳より「美来斗利偉・拉麵男」(ビクトリー・ラーメンマン)の名と超人拳法の秘伝書「闘龍極意書」を授かった。

修行のかいあってラーメンマンは父の仇討ちを果たすが、その中で自分の未熟さを痛感し、修行のやりなおしを決意する。同じように毒蛇党によって孤児となった少年・シューマイがラーメンマンに追いすがり、ラーメンマンはこれを受け入れて弟子とし、以後ふたりで修行の旅を続けることになる。

ラーメンマンは訪れた各地で、ある時は悪人に虐げられる村人を救うために戦い、ある時は超人拳法の秘伝を狙う他流派の拳法家と戦い成長していく。戦った相手の中からは、後にラーメンマンの仲間として共に戦うことになる者も現れる。

登場人物 編集

用語 編集

関連書籍 編集

脚注 編集

  1. 読者アンケートで選出される10名の漫画家が競作する企画。各作品はさらに読者投票で順位付けされる。1973年から1983年まで。
  2. 『WJ』1980年50号で発表された人気投票結果では、人気超人・悪役超人の両部門で3位に入っている。ゆでたまご「車いすの少年の巻」『キン肉マン 第6巻』集英社〈ジャンプコミックス〉、1981年4月15日、ISBN 978-4-08-851136-8、135頁。
  3. 「伝説超人インタビュー (3) ゆでたまご」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、56-57頁。
  4. ゆでたまご「拉麵男誕生!!の巻」『闘将!!拉麵男 1』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1983年8月15日、ISBN 978-4-08-851581-6、6頁。
  5. 週刊少年ジャンプ特別編集「キン肉マン熱血相談室 」『キン肉マン熱闘スペシャル』集英社、1984年8月25日、雑誌29936-8/25、149頁。
  6. ゆでたまご「あとがき」『闘将!!拉麵男 12』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1989年4月15日、ISBN 978-4-08-851559-5、185頁。
  7. 7.0 7.1 7.2 TEAM MUSCLE編「ゆでたまご、拉麵男を語る。」『キン肉マン超人大全集』集英社インターナショナル、2004年7月31日、ISBN 978-4-7976-1003-1、265頁。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki