FANDOM


MAXマンは、『キン肉マンII世』に登場する超人。

主な特徴 編集

悪魔六騎士の1人で伝説超人のスニゲーターの孫。正体を明かすまではシャドウと呼ばれていた。

数多くの変身が出来る故に器用貧乏だった祖父の反省を元に、スニーカーのみに焦点を絞った完成度の高い変身を極めた。

セイウチンと対戦し勝利する。万太郎との対戦では、スニーカー故に潔癖症という弱点を突かれ敗北する。

名前は登場当時流行していた「ナイキ」のスニーカー「エア・マックス(AIR MAX)」から[1]

得意技 編集

トランスフォーム・スニーカー
スニーカーへの変形。
ビッグブーツ・インパクト
スニーカーへ変形したまま相手に激突する技。
地獄の封印
スニーカー内にその正体(ティラノ・ハンド)を隠しているとされている。

プロフィール 編集

肩書き 編集

  • d.M.p 血の気の多い3人組
  • スニゲーターの孫

声優 編集

脚注 編集

  1. ゆでたまごは、後に「ナイキ」の競合企業「アシックス」とのコラボでキン肉マンティガーを発表している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki